便利なクリンスイ!コンパクトで冷蔵庫にスッポリ収まる

クリンスイ冷蔵庫イン

tomozouです。

我が家で使っているクリンスイCP002。

とてもコンパクトで使いやすいんです。

「ポット型浄水器を一度は使ってみたいなー」と考えている人には

オススメできるモノです。

 

スポンサー リンク





 

クリンスイCP002は1リットルの牛乳よりもわずかに大きい程度。

全体の容量は1.35リットル。冷蔵庫の扉内側にスッポリと収まります。

クリンスイ冷蔵庫イン⑵

形が四角いので子供でも持ちやすくて自分で出し入れできるんです。

うちには小学4年生と2年生の娘がいますが、

いつも自分で出してきてはマイコップに注いでゴクゴク飲んでいます。

 

 

容量はちょっと少ない?けれど

冷蔵庫に入れる時に横倒しにする必要がないのがイイところ。

もっとたっぷり入るタイプもありますが、

大きいことで入れる場所に困ることも割るわけです。

冷蔵庫にあんまりモノを入れない人が使うなら大きいタイプでもいいですけど、

4人家族だったりすると冷蔵庫には食材が多く入っていて、

あんまりスペースが無いのが実情では無いでしょうか?

 

そんな場合には、立てておける扉の内側に収納できるサイズがベストかと。

それがCP002なんです。

 

スポンサー リンク





 

コンパクトが売りなので容量は多くありません。

浄水タンクの容量は0.9Lが限界で1日に2〜3回は給水してますねー。

水道水を入れる上部のタンクが0.35Lなので缶ジュース1本分くらい。

これしか入らないから給水して一度に浄水できるのは350mlまでなんです。

限界まで溜めるには3回くらい給水しないといけないのですよ・・・。

 

でも大した労力ではないから全然問題なし。

フタを外して水道水を注ぐだけ。これだけですから。

あとは1〜2分まてばろ過が完了するので、

足りないのならまた水道水を追加するだけ。

 

ろ過にかかる時間なんてよほど短気な人でなければ待てる時間です。

 

 

小さいポットでも全然大丈夫!

ということで、コンパクトなタイプでも十分に使えます。

容量が小さいからといって不便なわけでは決してありません。

取り出しやすいところに置ける方が便利だし、

すぐに手にとって何度も使える方がいいんじゃないかと私は思います。

大きくて重いよりは小さくて軽い方が、ね!

 

このへんの考え方は人によって違いますが、

実際に使ってみればよーくわかると思いますよ。

「大は小を兼ねる」と言いますけど、小は大を兼ねられないだけに、

逆に使いやすいということが言えるんじゃないかなーと。

 

 

使ってみたいけど、どんなサイズが良いかで悩んでいるという人は、

思い切って小さいタイプを選んでみると良いかもしれませんよ!

 

スポンサー リンク





 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→クリンスイはコスパに優れているのか?

→ミネラルウォーターよりオススメできる?クリンスイ

→足裏の冷やっと・ベタつきが無くなる珪藻土バスマットのデメリットとは? 

 

コメントを残す