50年使える!超耐久性と節水・節ガスで料理が作れる便利な無水鍋

調理中の鍋

 

tomozouです。

水を入れなくても食材を調理できる鍋をご存知ですか?

その名も「無水鍋」

文字通り、水を入れずに加熱して調理する割と小さめの鍋です。

無水鍋

昨日までこの無水鍋の存在を知りませんでした。

今日、たまたま知ったんですがこれすごい鍋です。

スポンサー リンク





 

無水鍋ひとつで8役もこなすというマルチ鍋なんですね。

 

・炊く(お米を炊くと羽釜に負けない美味しさ)

・茹でる(水無しで茹でるのでほうれん草や小松菜など栄養素が流れ出ません)

・煮る(気密性と保温性が高いので短時間で調理ができます)

・炒める(熱伝導率が高いので少しの油と食材の水分だけでしっかり調理できます)

・焼く(スチールの3倍も熱伝導率が高く保温性も高いので焼きムラもありません)

・蒸す(密閉性が高く保温力があるので弱火でもキレイに蒸せます)

・天火(フタも側面も全て均一に熱が伝わるのでパンやケーキもふんわり!)

・揚げる(少しの油でもカリッとジューシーに揚げ物ができます)

 

こんなに色々できるのは鍋全体がアルミ合金でできているから

なのだそうです。鍋フタと鍋本体がぴったりと合わさるので密閉性が高い。

全てアルミなので熱伝導率がすごく良い。なおかつ保温性も高い。

鍋フタは、フライパンとしても使えるので一石二鳥です。

 

無水鍋のフタ フライパンに

いいですね〜便利な鍋です。

スポンサー リンク





 

無水鍋は昭和初期に「かまどで炊いたごはんの味を鍋で再現したい」

という思いから生まれた鍋なんだそうです。

 

フタをするとほぼ密閉状態になる構造で、

『間違いなく美味しいごはんを炊ける羽釜』に負けないくらい

ふっくらでモチモチとしたお米を炊くことができるという無水鍋。

 

ほぼ密閉になることで中の水分が蒸発しにくいため無水調理が可能なんですね。

節水にもつながるし、食材の栄養分が水で流れ出ることもないし、

余熱調理ができるので圧力鍋みたいにガスの節約にもなりますね。

 

圧力鍋だと、ちょっと注意が必要だったりして怖いイメージがありますが

無水鍋は圧力鍋と違って均一に熱が伝わるだけなので全体が熱くなるのみです。

フタはもちろん、全体が熱くなるので素手でフタを持ち上げることはできませんが

圧力鍋ほどの危険性は全くありません。

それに、

 

親子3世代で50年以上も使っている家庭もあって、これほど高い耐久性と

便利に使えるマルチな鍋は世の中に多くはありません。

 

現代は使い捨ての商品ばかりで、長〜く使えるような「壊れないモノ」は少ないです。

 

調理器具も同じで、ティファールなんかフライパンで有名ですが、あんなものは

テフロン加工が摩耗して無くなってしまったら、ただの使いづらいフライパンでしか

ありません。取っ手を工夫してみたりして使い勝手が良くても耐久性に乏しいようでは

意味がありません。

 

短期間で使えなくなる、もしくは使いづらくなるような調理器具なんて

いらないですよね?やっぱり長く使えるモノがいいですよね?

そう思うならばやはり良いモノを選ぶべきですよね。

時代やデザインに流されず、ほぼ一生モノになるような鍋、それが無水鍋だと

思います。鉄鍋も長く使えますが用途が限られるので無水鍋の方が絶対に便利です。

 

私も欲しいなあ〜と思っているので紹介してみました。

ほぼ毎日、家族のためにごはん作っているので、こんなに便利な鍋を使わない手は

ないですよね!専業主夫として奥が深い料理の世界に足を踏み入れてしまった私は

まだまだレパートリーが足りません。

無水鍋を知り、実際に購入して使ってみれば色々試すことが楽しくなるかもしれない!

こんな風に思いました。

 

鍋とかフライパンとかあまり増やしたくないという方にもオススメできます。

無水鍋さえあればひとつで8役もできますからね。

料理が好きな奥さんにプレゼントするとか、いつもご飯作ってくれる彼女に

贈ると、もっと美味しいごはんを作ってくれるようになるかもしれませんよ!

スポンサー リンク





 

もちろん自分が作るから自分で買う!というのもいいですね。

自分の子供や孫にも使ってもらえるくらい長持ちするはずなので。

3世代で仲良く無水鍋を使って料理する姿を想像するとすごく楽しそうです。

そんな風景を作れたら幸せですよね。

 

私がたまたま無水鍋を見つけたのは→こちらのサイトです

 

楽天で無水鍋を探すなら→こちらです 

 

 

それでは、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→極上な味わいの馬刺しを食べてみてはいかが?

→2個1万円の高級ふりかけを大切なあの人のギフトに

→液だれしない高級しょうゆ差しなら一生モノ

 

コメントを残す