Apple Watchにできることって何だろう?どんな人が必要とするのか

Apple Watch

 

tomozouです。

Apple Watchが発売されてからまた行列ができたりもてはやされたりしていますが、

どんな人が必要なのでしょうか?

スマートウォッチがすでにたくさん出ていますがこれと比較してもどんな違いがあるのか?

実際に使うのはほんの一部の熱狂的なApple信者だけのような気がします。

スポンサー リンク





 

 

私も実はApple信者だったりして?

かくいう私はiPhone5Sを使っています。

タブレットにiPadAirを使っています。

パソコンはiMacを使っています。

妻はiPhone6を使っています。

これだけあると、完全にApple信者じゃないか!と言われそうですが、

そんなことはありません。

たまたまiPhone4S購入をきっかけにしてその使いやすさと世界観に共感しただけです。

決してApple信者だとは思っていませんよ。

他にもっと良いモノが出て来れば、すぐに乗り換えられます。

 

 

Apple WatchはiPhone使いであるという前提

単にiPhoneの機能の一部が腕時計のような手軽さで使えるというだけで、

それ以上でも以下でもない感じ。当然ながらiPhoneでないと使えない機能やアプリなどの方が

ダントツに多い状態なのは確か。

では、何のためにApple Watchが必要なのか??

[

スポンサー リンク





 

iPhoneをカバンやポケットから取り出して操作せずとも、Apple Watchだけで

・時間を確認する。

・電話に出る。

・メッセージの送受信。

・万歩計のような機能がある。

などなど、これはほんの一部ですが、iPhoneの全ての機能を使えるわけではありません。

iPhone5以降の5S・6・6plusを持っていなければ、ただのデジタル時計に過ぎません。

(しかも充電しなきゃならない)

 

Apple Watchにできないことが他のスマートウォッチでできたりします。

サムスンやソニーのスマートウォッチならそれのみでも使えるタイプがありますが、

Apple Watchは完全にiPhoneに依存してしまいます。

 

 

そもそも誰が必要なのか?

ウェアラブル端末と呼ばれていますが、身につけるという特性上、

落ち着いてスマートフォンを操作できないような忙しい人や

いつも走ってるような人に向けたものなのでしょうか?

自分で使うことを想定してもなんかピンとこないんですよね。

 

それに充電したては熱すぎて身につけられない!なんて情報も出てるし・・・。

充電したてでなくても、長時間使っていると熱くなるのはどんな機械も同じこと。

スマートフォンだってタブレットだってパソコンだって同じ。

そんな熱くなりやすいものを夏の暑い時期に腕につけるなんて考えられませんよ。

 

ちょっとくらいは便利に思えるかもしれませんが、別にいらないでしょう?

というのが私の考えです。

ちょっとほしいなーとか考えてる人は、新しいモノ好きで使ってみたいという

好奇心だけならやめておいたほうがいいのではないかと。

仕事上、どうしても必要だ!とか効率化に最適なアイテムだ!と確信が持てる人なら

買っても損は無いでしょう。

スポンサー リンク





 

どちらにしろ、Apple Watchやスマートウォッチを必要とするような人は世界中でも

ほんの一握りの人だけなんじゃないかと私は思いますね。

あまり普及は見込めないのでは・・・?

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→60秒でキンキンに冷えるタンブラー

→インターステラーは見逃せないノンフィクションなのかも?

→スマホで電話するのが苦手な人にはこれがオススメ

 

コメントを残す