AppleWatchの機能・優れてるメリットは?これまで無かったタッチ感!

AppleWatch

 

tomozouです。

ちまたで騒がれているAppleWatch。

私は持っていませんが、聞くところによると何やらすごい機能があるらしいんです。

それは【Taptic Engine】という新技術。

スポンサー リンク





 

タップティックエンジンと読むのでしょうね。

これは一体なんなのか?

 

AppleWatchのタッチ感

 

 

画面に触れる指の面積で操作の意味が変わる

なんのこっちゃ?と思うでしょうが、これまでのように画面をタッチすると

画面内部に埋め込まれているセンサーが反応するというだけでなくて、

単純な『何も感じないただのタッチ』の場合と、

『ちゃんと押した感じがするタッチ』の場合があるのだそうです。

 

これまでのスマホなどではタッチしても反応してるのかイマイチわからない感じでした。

アイコンの色が変わったり、画面自体に何らかの変化があってようやく反応したことが

確認できますよね。

こういった『従来のタッチ感』だけではなく、パソコンのマウスのクリック感のように

タッチした瞬間に『押している感じ』の反応が得られるわけなのです。

これはふたつのタッチ感を、触れている指の面積と時間の違いから計算し判別して、

振動の大小でユーザーに伝えるようになっているという仕組みなのです。

 

スポンサー リンク





 

軽くタッチするのと少し強めにタッチするのでは

AppleWatchの反応が変わるということです。

普通に考えると硬いガラスの表面をどうタッチしようが反応は同じだと

思ってしまうでしょうけどね!

今までの無反応な感じの硬いタッチパネルとは訳が違うということを

言いたいのです。

 

任天堂の3DSとかで使われている従来の接触型タッチパネルよりも

よりわかりやすい反応がするのかもしれませんね!

 

感圧タッチトラックパッド

 

 

 

新型MacBookのタッチパッドにも変化が

このTaptic Engineはタッチパッドにマウスのクリックボタンと同じようなクリック感を

得られるようになっていて、『押した感じ』の振動が指に伝わってくるのだそうです。

これはスマホ同様、ノートパソコンでタッチパッドを頻繁に使っているたくさんのユーザーが

待ち望んでいたことではないかなあーと思います。

 

マウスのクリック音とかクリック感を気に入っている人は相当いると思うんですよね。

その感覚に近いものがタッチパッドでも感じられるということは、

クリック感を求めているユーザーにとって朗報と言ってもいいのではないでしょうか?

スポンサー リンク





 

Appleがよく言う「先進的」な技術がここに見えますね。

今後はAppleだけでなく、もっと素晴らしい「革新的」な技術が生まれてくることでしょう。

そこに期待しています。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→auのiPhoneユーザーに悲報・・・SIMロック解除は

→家庭向け最新ロボットpepperは人にどういう影響をもたらすのか?

→映画ベイマックスのネタバレ 予想以上に、「見て良かった〜!」

 

 

コメントを残す