auのiPhoneユーザーにとって悲報?SIMロック解除義務化されても

SIMカード

 

tomozouです。

私はauのiPhoneを使っています。

私だけでなく多くのau+iPhone利用者にとって悲報となるお知らせ。

2015年5月以前に購入したiPhoneは全てSIMロック解除不可ということ。

これは全然ユーザー目線に立っていない利益重視の会社がやることですよね。

スポンサー リンク





 

 

SIMロックフリーのiPhoneを購入することが必須

通信料金を少しでも安いところに乗り換えたいと考えている既存のiPhoneユーザーには

悲しいことですよね。

現状ですぐにSIMロックフリーのiPhoneを「安全に」使いたい場合にはAppleStoreで

購入する方法しかありません。

 

ちまたには現状のiPhoneでも脱獄とかいろんな方法でSIMロック解除する方法が

垂れ流されていますが、安全とは言えない危険な?方法ばかりなので自分でやる場合には

細心の注意が必要です。

私は絶対にオススメできないし、急に圏外病になったり使用不能になるなどの

不安にかられながら使い続けるのは怖いのでやりません。

 

 

 

これからは全てSIMロックフリー端末に

2015年5月以降に販売されるものは全てSIMロックフリーが義務化されているので、

これからauショップで購入する際は、SIMロック解除可能なiPhoneに

auのデータが書き込まれたnanoSIMを挿入して渡されるのだと考えられます。

 

でも、ここにも落とし穴があって、これから新規で購入しても

半年間(180日間)待たないと、SIMロック解除はできないんです。

今買ってもSIMロックを解除できるのは半年後・・・。

半年待ってからやっと、安い通信事業者に乗り換えることが可能になるのです。

 

スポンサー リンク





 

購入から180日経過後にできるSIMロック解除の方法は

auのウェブサイトでなら無料。

ところがauショップなどで行うと手数料が3000円も取られてしまいます。

(次回の請求分に加算される)

これもユーザー目線に立っていない乱暴な感じの対応・・・。

 

 

そして既存のiPhoneユーザーは置いてけぼり

2015年4月までに購入したiPhoneユーザーはSIMロック解除できません。

半年待っても対象外なんです。自己責任で脱獄などすれば話は別ですが。

 

他のスマホであれば、購入から半年経過していれば受付してもらえて解除できるようです。

悲しいですよね、iPhoneユーザーだけダメなんて・・・・。

だからこれからは無理に脱獄する人が増えるかもしれませんね。

 

私はauを妻とともに11年以上使っていますが、

今後はau以外の他社に乗り換えを検討するべきなのか?と考えてしまいます。

でもよく考えれば、他のキャリアと呼ばれる大手通信会社であるドコモもソフトバンクも

同じような対応になるのでどこに移っても一緒なのかもしれません・・・。

 

2年縛りの問題も、ユーザーの囲い込みが目的で、

利益最優先の会社なんてどうせこんなもんだろうと思うわけです。

ユーザー目線に立っていないことは明白です。

 

こんなことばかりしていると、いずれはユーザーに見放されて

会社自体も淘汰されて消えていくでしょう。

いくら大きな会社だとしても。

もっと利用者の立場にたって方策を決めてもらいたいものですね。

スポンサー リンク





 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→月桂冠フリーを飲んでみた!その感想

→めちゃくちゃ美味しい亀十のどらやきを行列に並ばずに買う方法はあるのか?

→iPhoneのタッチIDは使えねーなー!って思いませんか?

 

コメントを残す