おねしょが治らない!小学生の娘にビッグサイズおむつを買ってきたら?

激流

 

tomozouです。

前の記事でおねしょに困っていて・・・という記事を書きました。

その記事は→こちらです

この記事を書いた後、

実際に小学生用サイズのビッグなおむつをドラッグストアで買ってきました。

 

娘に買ったビッグオムツ

買ってきたのはムーニーマン スーパービッグ女の子用パンツタイプです。

14枚しか入っていないオムツとしては決して安くはない価格でしたが

自分のこと、娘のことを考えてまずは買ってみたわけです。

学校から帰ってきた娘にオムツを見せると・・・。

「こんなの履きたくない!」

と言って泣きながら嫌がるではありませんか。

スポンサー リンク





 

 

そして自分から

「漏らさないように頑張るから!」

と初めて(自分から)頑張る!、という言葉が出てきました。

そんな言葉が聞けて正直うれしかったんですよね。でも、

夜中は基本的に夢遊病になる娘なので、頑張ることなんてできるのか?と。

でもとりあえずは娘を信じてみることに。

 

オムツを履かないで済むなら・・・

それに越したことはありません。

買ってきたオムツは無駄になるかもしれませんが。

 

オムツを買ってきて履くのを拒否して以来、まだ3週間ほどですが

一度もおねしょはしていません。

というよりも、まず夢遊病になる頻度が激減したんです。

いつも夜中になるとフラフラと起きてきてトイレに行きたいはずなのに

うろうろしてリビングに座り込んだり、ぐるぐる回ったりしていた娘が

真っ先にトイレに行けるようになったんです。

それも夜中トイレに起きた時、毎回です。

 

若干、夢遊病の気が出る時はあるものの、それまでとは比べものにならないほど

おねしょしない感じになっています。

これはちょっとビックリなんですよね!

今までがひどかっただけに。

 

おねしょや夢遊病は成長と共に治ると聞いていたので大きな心配はしていませんでした。

それでも、連日おねしょされたりするとほんとに大変だし、おねしょをしたことを

自覚させることも疲れるし、本人も嫌な気分になるので、結構大事な問題だったんです。

いつかは治ることだと思っていても、娘に怒ってしまうんですよね。

おねしょの後始末とか自覚してる印象が全然なかったので・・・。

 

「おねしょが治らない!小学生の娘にビッグサイズおむつを買ってきたら?」の続きを読む…

食べられないケーキ!6歳の娘が欲しいとねだるホイップるとは?

ホイップる

 

tomozouです。

今月は小学1年生の次女の誕生日があります。もうすぐ7歳です。

その娘が自分の誕生日プレゼントに【食べられないケーキ】が欲しいと言うのです。

一体どういうこと?

 

 

【ある日の私と娘の会話】

「たんじょうびにさ〜、ほいっぷるかってよ〜!」

と、娘が小さな手で私の右腕を思い切り引っ張りながら言いいました。

「なにそれ。ほいっぷるってなに?」と、私が聞くと

「おとなになったらぱてぃしえになりたいから、ほいっぷるがほしいの!」

と、娘が言います。

「だからほいっぷるってなんなの?」と再度聞き返す私。

スポンサー リンク





 

でも、ほいっぷるとは何なのかをちゃんと説明できない娘を見ていて、

私は、「あれのことかな?」と脳裏に浮かびました。

「あー・・・!あれか!じゃあ考えとくよ」と言ってその場は落着。

 

何年か前の話ですが、長女が友達の家に遊びに行った時に

ケーキの形をしたアクセサリーのようなものをもらって帰ってきたんです。

それはイチゴのショートケーキだと一目でわかるような結構完成度の高いものでした。

今となってみれば、それがほいっぷるで作った「食べれないケーキ」だったわけですね。

 

その当時は、ほいっぷるという名前すら聞くこともなかったですけどね。

今となっては結構メジャーなおもちゃになってるみたいです。

 

「食べられないケーキ!6歳の娘が欲しいとねだるホイップるとは?」の続きを読む…

悩んだ末?小学生の娘にビッグサイズの紙おむつを贈ると決めた父!

水の波紋

 

tomozouです。

恥ずかしながら、家族の悩みについて書きます。

小学3年生の上の娘はおねしょ(夜尿症)がまだ治りません。

成長するにつれて自然と治るものと思ってはいますが、

頻度が多いかな・・・と。

スポンサー リンク





 

少ない時でも月に1回、多い時だと月に3回はおねしょします。

娘のおしっこタンクはこんな濁流のようにあふれそうになってるんでしょうね。

激流

まあ、幼稚園児だった頃から〜比較すると頻度は減ってるんですけどね。

おねしょされてしまうと、その後処理がいつも大変なんですよね。

親としてはストレスが溜まってしまう瞬間でもあります。

 

下の小学1年生の娘はおねしょは滅多にしないんです。

この3年生の姉と1年生の妹の差が大きいので、余計に

「なんでいっつも上の子ばっかりおねしょするんだよ!」

って思ってしまい、すぐカッとなっちゃうんですよね。

 

でも、おねしょしてしまうこと自体は、悪ではないと考えています。

私自身も恥ずかしながら中学1年生くらいまでしてました。

しかもおばあちゃんの家とか、いとこの家で、です。

自分の家ならまだしも、たまに遊びに行った親類の家でやってしまうと・・・。

あの時はものすごく恥ずかしかったし、情けなくて申し訳なくて

泣いてしまった記憶があります。

 

「悩んだ末?小学生の娘にビッグサイズの紙おむつを贈ると決めた父!」の続きを読む…