方言が違うと受ける印象が変わる?インサイドヘッドの地方版予告編!

方言で見るインサイドヘッド

出典元:インサイドヘッド

 

 

tomozouです。

日本の各地域の方言でインサイドヘッドの予告編動画を見ることができるんです。

→方言でこんなにもイメージが変わっちゃうの!?ディズニー公式動画

 

言葉が違うだけで映像からの印象・聞く印象も大きく変わるように思いますね。

早口な感じの方言だとやたらとせっかちに聞こえたり、

ゆっくり目な方言だとおっとりした感じに聞こえたり。

外国語でもなまりはありますが、日本語ほどイメージ変わる言語も少ないでしょう。

スポンサー リンク





 

 

感情たちが織り成す物語を・・・

基本的には自分の頭の中にいる小人たちがどんな風に感情を動かしているのか?

そんな脳の働きをわかりやすく、感動的に教えてくれるのがインサイドヘッド。

 

ライリーの悲しみ

出典元:インサイドヘッド

 

『悲しみ、はなぜ必要なのか?』

というキーワードも出ていたりしますが、この映画にとっても実際の人生にとっても、

超重要な感情のひとつですよね。

簡単にいうと、感情を無理に押し殺す・抑え込むといったことをすると、

人はどうなってしまうのか?

ということを示してくれるのがインサイドヘッド。

 

精神面を描くという結構ナーバスなテーマとも言えるけれど、

ディズニーの素晴らしい手法で面白おかしく、だけでなくうるうるさせてくれる映画。

この映画を方言で聞いてみると、なんだかちょっと冷めてしまうところが。

東京の標準語で聞くよりも、味が出て面白くなる部分もあるけれど、

逆につまらない雰囲気にさせてしまってる部分もあるように思います。

変わった面白い試みではあるんですが・・・・。

 

 

実際の本編ではジョイのセリフが異常に多い

主人公ライリーのベースとなる感情がジョイ(喜び)なので、

基本的にジョイがストーリーテラー(物語の案内役)になっているんです。

だから吹き替え版だとジョイ役の竹内結子さんがほとんどしゃべってる感じ。

サッドネス(悲しみ)役の大竹しのぶさんの出番もありますがセリフはかなり少なめ。

こうなると、ジョイの話す方言によってイメージが結構かわってしまう?

となるような気がします。

 

映画の本編では標準語ですが、人によっては馴染みのある方言でセリフを聞く方が、

すんなり受け入れられるかもしれませんね。

→方言でこんなにもイメージが変わっちゃうの!?ディズニー公式動画

 

「方言が違うと受ける印象が変わる?インサイドヘッドの地方版予告編!」の続きを読む…

映画インサイドヘッドのあらすじ、観る人に伝えたいメッセージとは?

出典元:インサイドヘッド

 

 

tomozouです。

昨日、ディズニー映画のインサイドヘッドを家族で観てきました。

結論から言って感動して泣いてしまいました。

観る前から、なんとなーく感動する場面はあるんだろうなと予想してたけれど。

スポンサー リンク





 

 

前売り券買ってもらった特典↓

インサイドヘッドキーホルダー合体

 

 

日本での宣伝や本編が始まる直前に流れる映像などへ批判もあるこの映画。

とりあえず制作側が伝えたいことってなんなのかな?

と、自分なりに考えてみました。

→ディズニー映画【インサイドヘッド】

 

 

まずは先に上映される【南の島のラブソング】について

これ、映像のクオリティが高くて、

観ている側としては「おお〜!すごい!」と感じるものでした。

小さな活火山の島を男女に例えて、ミュージカル的な感じの?短編アニメ。

火山や海底火山の様子など本物の映像に近い印象。

男の島と女の島が恋をして・・・という、単純な話ではありました。

短編映画なので当然なのかも。

 

まあ別に無理して観なくてもいいや、っていうくらいです。

 

 

次に映画本編の前に流れる『映像とドリカムの曲』

これが一部で批判されているものの正体。

同時上映の短編映画が終わるといきなりこれが始まるんです。

本編が始まるのかと思いきや、違う、、、、。

ドリカムの『愛しのライリー』が流れつつ、一般人の大人から子供まで、

たくさんの人々の笑顔やら泣き顔やらが撮影された写真を元にした映像が、

曲が終わるまでずっとスクリーンに映し出されるというものでした。

 

このシーンをひどい言葉でけなしている人が結構多いんです。

『新手の映画レ◯プだ!』なんて言う人も・・・。

まあ、後から考えてみると、

いきなりドリカムの曲と見知らぬ人々が写る大量の写真。

これはあのCMを観ているのと同じ気分になります。

某生命保険会社のCM、小田和正の曲と共に流れる幸せな家族の写真。

某日本た◯こ産業のCM、かわいい女性の歌と共に流れる家族の写真。

これらの広告と同じような感じに映ります。

 

本編の前に流すのではなく、本編の後に流すのが効果的だったんじゃないかと。

私はあとで思いましたね。

純粋な気持ちで観ていれば、知らない人の写真でも素直に感動できます。

誰にでも喜びや悲しみなどの感情があるのだと。

 

でも、後から考えると、無理に感動させようという意図があったようにも思うし。

『アナと雪の女王』の手法とは格差が感じられる気がしますね。

ベイマックスの時のような日本向けのマーケティングをしたのかもしれません。

が、インサイドヘッドに使った手法は失敗かも・・・。

 

「映画インサイドヘッドのあらすじ、観る人に伝えたいメッセージとは?」の続きを読む…

映画インサイドヘッドのMOVIX前売り特典をゲット!子供達大興奮

インサイドヘッドキーホルダー合体

 

tomozouです。

我が家の子供達がとっても気になっているディズニー映画インサイドヘッド。

その前売り券を妻が買ってきました。映画館で見るのは高いですが、前売り券を買うと

なにやら特典が付いてくるとのことでMOVIXに買いに行ったんです。

スポンサー リンク





 

 

特典とは、スマホにもつけられるキーホルダー!

インサイドヘッド前売り特典

 

全部つなげると上の画像のようになります。

ジョイ

これ↑がジョイ、喜び担当。私が好きな竹内結子さんが声を担当してます。

 

サッドネス

これ↑がサッドネス、悲しみ担当。明石家さんまさんの元奥さんが声を担当しています。

 

アンガー

これ↑がアンガー、怒り担当。

 

ディスガスト

これ↑がディスガスト、嫌悪担当。

 

フィアー

これ↑がフィアー、恐れ担当。

 

「映画インサイドヘッドのMOVIX前売り特典をゲット!子供達大興奮」の続きを読む…

ネタバレ?映画ベイマックス、見方を変える!ことの重要性を知った

ベイマックス

 

tomozouです。

ベイマックスを昨日観ましたよ〜。

先に観た子供達は号泣していたらしく、感動する場面があることはわかってました。

それをわかっていて私まで泣いてしまいました・・・。

スポンサー リンク





 

 

ケアロボット『ベイマックス』

主人公ヒロの兄タダシが作ったベイマックス。

ケアロボットという役割のベイマックスは人を優しく守る為のロボット。

自分を犠牲にしてでも、『プログラムされたケア対象者』を守り抜く、いわばナイト。

(ナイトとは、中世ヨーロッパで活躍した、国を守る騎士のこと)

フワフワでつかみどころがなく見た目は頼りないけど優しく包んでくれるナイト。

こんな弱そうなロボットは初めてみましたよ。

 

 

人間と同じく人の心と身体を見守ることができる

ベイマックスは人の身体の痛みや心の痛みを和らげて治すことが役目。

高度なセンサーなどで科学的に人の身体の状態と脳の状態をチェックして

人間が人の気持ちを察知して対応するのと同じように接することができるわけです。

でも、

あくまでロボットなので電池切れになったりフワフワの表面に穴が空きやすかったり

ほんとに大丈夫なの?って逆に心配になってしまうようなロボットなのです。

 

「ネタバレ?映画ベイマックス、見方を変える!ことの重要性を知った」の続きを読む…

ディズニー実写版シンデレラのストーリーに秘められたメッセージとは?

実写版シンデレラ

 

tomozouです。

ディズニーの名作アニメであるシンデレラが実写化されて公開されていますね。

テレビCMでも度々流れており、その中にある

「本当の魔法はあなたの勇気」

という言葉が使われていて、私としてはどうも納得がいってなかったのです。

→実写版シンデレラのキャッチフレーズに違和感を覚えたという記事

 

 

シンデレラは確かに努力はしていたが

それでも、アニメを見ていた限りでは

・生まれながらにして美人だったこと。

・とても運に恵まれていたということ。

・諦めない強い意思を持っていたこと。

これくらいしか王子の玉の輿に乗れる要素は見当たらないと思うんです。

スポンサー リンク





 

さんざん継母たちにイジメられてこき使われていたことで

普段から努力はしていたのはわかる気がします。

でも、「勇気???」

なんか違うような気がするなー・・・と思っていたわけです。

 

 

 

ある日ネタバレに通じる情報が入ってきて

私はまだ実写版シンデレラを観てもいないんですが、ネタバレ情報を入手したのです。

その情報を元に考察すると、

「本当の魔法はあなたの勇気」というキャッチコピーが納得いくようになりました。

なぜ今さら実写版シンデレラを描こうとするのか?

ということもわかる気がします。

 

実写化で関連するものでは以前、【マレフィセント】を観て、とても面白かっただけに

シンデレラの実写版も内容がどうなるのかとても興味はあったんです。

アニメ版をそのまま忠実に再現するだけでは無いだろうな、という予想しつつ。

 

「ディズニー実写版シンデレラのストーリーに秘められたメッセージとは?」の続きを読む…

外国人も感動!人間の儚さと戦争の悲惨な真実を描いた映画火垂るの墓

火垂るの墓 節子

 

tomozouです。

日本だけでなく一部の国だけでもなく、世界中の今を生きる人々に観て欲しい映画があります。

それはスタジオジブリの傑作中の傑作、「火垂るの墓」です。

私が初めて火垂るの墓を観たのは中学生の頃でした。

 

 

静かなる衝撃

初めて観た時、その何年も前(小学校低学年くらいの時)に観た 【はだしのゲン】と同じくらい

凄まじく脳裏に焼きついたものです。

はだしのゲンはハードな衝撃でしたが、火垂るの墓は対照的にソフトな衝撃でした。

どちらも全てがものすごく印象に残っていて忘れることはできません。

スポンサー リンク





 

はだしのゲン(広島や長崎の惨劇)と火垂るの墓(戦争の末路)を比べることはできませんが、

どちらも、自分勝手な大人達が起こした戦争によって、どれほど失うものが多いかということを

嫌という程に思い知らされるのです。

弱い立場の人々(子供達)がどれほどの苦悩と苦痛を味わっていたのか・・・。

その戦争前後の当時を知らない私達が、火垂るの墓を観ることで、当時の真実を

知ることができるのです。二度とできないような貴重な体験を映画を通して感じさせてくれる、

数少ない映画のひとつです。

→火垂るの墓 予告編動画

 

 

 

あらすじ

舞台は太平洋戦争時の日本。

戦争に翻弄された、ある兄妹の生き様を静かに描くストーリー。

アメリカ軍の空襲で母親を亡くし、父親は戦死。

それまでは裕福な家庭に育ったが、一瞬の内に孤児となってしまった子供たち。

頼るべき身内からも煙たがられてしまい・・・やがて二人きりで生きていくことに。

 

主人公である兄の清二と妹の節子のふたりがどう生き抜いていこうとしていたのか?

どんな気持ちで日々を過ごしていたのか?

清二があの頃を振り返っていきます。

 

「外国人も感動!人間の儚さと戦争の悲惨な真実を描いた映画火垂るの墓」の続きを読む…

ネタバレ?難しくて感想に困るけど素晴らしい!映画インターステラー

インターステラー

 

tomozouです。

SF映画【インターステラー】ご覧になりましたか?

私はこの【インターステラー】を観て思ったことがあります。

 

それは、

インターステラーのストーリーはフィクションなどではなくて、

真実に近い映画なのではないか?ということです。

スポンサー リンク





 

ゲオからレンタルしてきて見終わって、真面目にこう考えてしまいました。

この現実、そう遠くない数十年後には同じことが起きているんじゃないか?

実はフィクション(架空の話)なんかじゃ無く、本当に起こりうる出来事なのでは?

真剣にこう考えてしまうほど、信ぴょう性があるストーリーでした。

 

→インターステラー予告編動画

 

 

あらすじ

近未来の地球、自然環境が悪化して異常気象により作物が育たない状況に陥っている。

食糧危機が深刻になり大国の軍隊は縮小され、人々は豊かに暮らすことが困難になっていた。

そんな中、主人公の自宅でのある出来事から、人の想像を超える事態が、

主人公やその周辺の人々・及び人類を待ち受けることになる。

 

地球にはもう住めない・・・。

政府の中枢にある学者たちはこう考え、宇宙開発などは世界的にも問題外となっていた。

すでに解体されていたはずのNASAは依然存在し、秘密裏に他の惑星への人類移住計画をスタートしていた。

 

 

パッと見はただのSF映画かな?と、思いきや

ただのSF映画ではありませんでした。

SF映画というジャンルではあるんですが、SFという枠では捉えきれないくらいに

スケールが大きい映画です。

私的にはヒューマンドラマに思えましたね。

宇宙を題材にしたSFという世界観ではあるものの、根本的には人間の本質というものを

痛いほどにまで描いているんじゃないかと思います。

 

「ネタバレ?難しくて感想に困るけど素晴らしい!映画インターステラー」の続きを読む…

今やドラえもん?ジャン・レノが超カッコイイ!映画レオン忘れられない

映画レオン

 

tomozouです。

最近ではジャン・レノがトヨタのCMでドラえもんを演じていますが、なんか似合わない。

私は映画「レオン」の時のジャン・レノが大好きなんです。

ちょっと子供には見せられないシーンが割と多いので、見るときは大人だけで見て欲しいですね。

 

1994年公開のフランス・アメリカ合作の映画。

リュック・ベッソン監督の映画で一番好きなのがこれ!他はちょっとイマイチ・・・。

スポンサー リンク





 

 

冷徹な殺し屋がある少女と出会い・・・

無慈悲で冷酷なひとりの男、レオン(ジャン・レノ)。

その男は殺しの依頼を完璧にこなし、素性を隠して暮らす毎日。

そんな日々の中で、あることがきっかけで少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)に出会う。

そこから彼の生活は変わり、彼の周囲まで巻き込んでいく。

冷徹な殺し屋という顔を持つ一方で、純粋な心をもつレオンは彼女に魅了され恋人のような、

親子のような付かず離れずの不思議な関係になっていく。

 

しかし、レオンの周囲では・・・。

という感じでどどどどっとクライマックスまで一気に流れていきます。

途中、少しゆったりした瞬間があるのですが、殺し屋にそんな平凡な生活が訪れるはずもなく、

そうは問屋がおろさない、ということになります。

激しい銃撃戦があったり、観ている側も緊張する瞬間があったりととにかく飽きません。

 

「今やドラえもん?ジャン・レノが超カッコイイ!映画レオン忘れられない」の続きを読む…

これ観て親子の愛を再確認!ショーン・ペン主演映画アイ・アム・サム

アイアムサム

 

tomozouです。

父親とまだ小さな娘の間にある深い愛情を描いた映画はそれほど多くはない気がします。

「アイ・アム・サム」は観た人の心を優しく落ち着かせてくれるような映画です。

評論家の意見はかなりひどいものが多いようですが、私は観てよかった!と思えた映画のひとつです。

スポンサー リンク





 

2002年公開のアメリカ映画。

知的障害を抱える父親と一緒に健気に生きる娘。

このふたりの将来がどう変わっていくのかを心情も含め丁寧に映し出していきます。

アイ・アム・サムの予告編動画は→こちらをどうぞ。

 

 

ショーン・ペンが知的障害の父親を熱演

ほんとに演技がすばらしい俳優さんです。

娘役のダコタ・ファニングもかわいかったなあ〜。今では大人ですもん。

難しい役だと思うのに、やってのけて、ほんとの障害抱えてる父親に見えましたよ。

だてに長年やってないですよね。今ではさらに磨きがかかってるし。

設定的にはちょっと現実的ではない感じも一部ありますが、そこは置いといて。

この親子のこれからをすぐそばで見守り続けているような感覚になれる映画です。

きっとハッピーエンドにしてくれるんだよね?と思いながら観てました。

 

 

事実としてこういう親子はいると思う

世界のどこかには、いるんじゃないかと思うんです。

親子は共に深い愛情で結ばれていて、その仲を引き裂いたりしてはいけないのに

社会の壁が立ちふさがってしまう。広くルールが確立された社会であればあるほどに

色んな制限がかけられて自由が失われていくことがあります。

その社会の中にいる親子にとって、何が幸せなのか?ということを、観ている私たちにも

なげかけているように思えてきます。

 

「これ観て親子の愛を再確認!ショーン・ペン主演映画アイ・アム・サム」の続きを読む…

ひどい批評など気にしない!オススメの映画ライフイズビューティフル

ライフイズビューティフル

 

tomozouです。

「大切な家族」という視点で、家族みんなでぜひ見て欲しい映画をご紹介します。

それは、【ライフイズビューティフル】というイタリア映画。

1997年公開の一つの家族を中心とした悲劇でもあり喜劇でもある、心温まるような物語です。

第二次世界大戦時のナチス軍占領下での、主人公家族の生き様を描いた内容。

私が観たのはたぶん12年くらい前になると思います。でも妻と一緒に観たのは覚えています。

(当時はまだ結婚してなくて彼女でした)

 

ライフイズビューティフルの動画は→こちらをどうぞ。

 

 

凄まじい批判をしている人もいますが

主人公の男性(ロベルト・ベニーニ)の行動があまりにも自己中心的すぎるという批評を

下している人も現にいます。

しかし、私は世間一般的な評価と同じように素晴らしい映画だと思います。

これは主人公の息子の視点で描かれており、当時のドイツ軍によるユダヤ人への迫害を詳しく描くような

映画ではないと思うからです。

スポンサー リンク





 

 

登場する家族の目線だけで素直に見るべき

ある男性がある女性に恋をして、その恋が実り夫婦となり、二人の愛で新しい家族が生まれ、

その子が家族とともに生き抜いていくという、その家族ありきの映画なんです。

その家族の目線で全てを見渡していくのです。

主人公の様々な行動に伴う現実的な細かいことは抜きにして、主人公の父親が息子に対して

「生きるということはとっても楽しい・素晴らしいことなんだよ、だから生き抜くんだぞ。」という

メッセージが全編に込められていると思うのです。

 

 

現時的にはありえなかったであろうことが、映画の中ではできていますが、そんなことは

わかっていてこのように描いているんです。

強制収容所でのあまりにも残酷で無慈悲な実情を描くためのドキュメンタリー映画ではありません。

あくまでも、主人公がどんな状況でも悲観せずに(必死に)生きる姿を息子に見せ続けることで

人生を明るく生き抜いていくことの素晴らしさを感じとって欲しいという親心を表した映画だと

私は思うのです。

 

「ひどい批評など気にしない!オススメの映画ライフイズビューティフル」の続きを読む…