自分の足がクサくて悩んでいるOL女子は『コレ』でニオイ解消!

女性の足

足が臭くて悩んでいるのは男性だけではありません。

女性にも悩んでいる人はたくさんいますよね?

 

オフィス街をちょっと歩いてみれば、すまし顔で歩いている若いOLさんも

実は、その足が臭い・・・。なんてことはザラにあるのです。

そんな日常の深い悩みを抱えている人々に、

とあるアイテムを使えば一発で悩みを解消できるかもしれないということを

こっそりお伝えしちゃいます。


 

 

実は、足の汗は無臭だった!

足の裏はもともと汗をかきやすい部位です。

体の他の部位よりも汗腺が3〜10倍集中しているから。

そして、両足で一日にコップ1杯分程度の汗をかくとまで言われています。

 

足の裏に集中している汗腺は「エクリン腺」と言うもので、

体温を調節してくれる汗腺なので、汗自体にほとんど臭いは無いんです。

では、どうして臭ってしまうのでしょうか?

 

 

ニオイの原因は”菌”

クサい臭いの原因は汗ではなく、

汗と一緒に流れ落ちる古い角質などが、表皮ブドウ球菌やバクテリアなどの細菌によって

分解されることによりあの嫌な臭いが発生します。

ですから、ニオイの原因は、「繁殖してしまった雑菌」というわけです。

草原にたたずむブーツの女性

 

臭い対策はどうすればいい?

足の臭い対策で一番重要なこと。

それは、足をしっかり洗い古い角質を落とし、清潔にすることです。

古くなった角質は、手で軽くこするだけで簡単に落とすことができます。

また、足専用のボディシャンプーで洗えば、原因菌を落とすことができ効果的でしょう。

 

また、オススメは重層を用いた足湯です。

足の気になる臭い成分「イソ吉草酸」の酸性に対して、

アルカリ性の重層が中和してくれるのです。

足洗いと並行して重層足湯をしてみれば、洗っても落としきれなかった菌を中和してくれるので

臭いがひどいという方は、数日間継続するとある程度改善するかもしれません。

 

 

ストッキングを選ぶときは、消臭効果のあるものを選ぶのがオススメです。

デザイン優先もいいですが、悩み度合いが大きければそうも言ってられませんよね?

夏場で暑い時はできるなら、外出先で2〜3回履き替えられるといいですね。

 

パンプスを選ぶ時も、できる限り通気性の高いものを選ぶことがとても重要です。

合皮やゴム素材のものは、体温の熱がこもって蒸れやすいので避けましょう。

また、ジャストサイズのものを選びましょう。

サイズが大きいと、足が靴の中で泳いでしまい無意識に無駄な力を入れてしまうことで

足が緊張して汗をかきやすくなってしまうからです。

 

もし、これらの対策を行ってもまだ臭いが気になるならどうしたらよいでしょうか?

そんな時は・・・・↓↓↓

 

 

ニオイ対策最終兵器【ノーノースメル】を試してみる!

何をやってみてもあまり効果が出ない、改善されない時の最終手段はコレがおすすめ。

足の臭い対策専用の薬用デオドラントフットクリーム【NO!NO!SMELL(ノーノースメル)】

クサくなる原因菌をしっかり殺菌、防臭してくれます。

さらに、柿タンニン(柿渋エキス)が配合されているので、

足裏の硬くなった余分な角質をやわらかくして徐々に分解。

足に染み付いたニオイの元まで分解しキレイにしてくれます。

 

ノーノースメルは、手に適量をとって足に塗っていくクリームタイプ。

べたつかずにサラサラした付け心地なので気持ち良~く塗ることができます。

お風呂上りに、ゆっくりと足裏や指をマッサージしながら塗っていけば、

一日の疲れも取れやすくなりますし、リラックスできるのでぐっすりと眠れるでしょう。

 

「ツーンとしたあの嫌な足の臭い」が治らなくてずっと悩んでいる!という方には、

うってつけのアイテムになるかもしれません。

コレ1本できっとその悩みを解決してくれると思うので、良かったら試してみてくださいね!


それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→におわない!さわやかな足をめざしたい人は・・・こちら

→お子さんが鼻炎で困っているならこの薬がいいかも(薬剤師に聞いてみた)

→ミドル脂臭たっぷりの私が家族から「クサい」と言われなくなった!そのある方法とは?

あなただけじゃない!顔にばかり汗をかいてしまうのはなぜ?

なんてこった!

tomozouです。

カラダが健康な状態なら、汗は全身から出てくるものです。

しかし、顔にばかり汗をかいている状態が続くとしたら、

その原因として『運動不足』が考えられます。

 

 

発汗の役割

汗が出るのは体温調節をするためです。

そのために、「エクリン腺」という汗腺から汗を分泌しています。

ほぼ全身にあるといわれるエクリン腺ですが

一般の標準的な人でも、実際に活動しているのは全体の半分くらいだろうと言われています。

 

エクリン腺などの図

出典元:資生堂

 

 

運動不足の影響で・・・

運動不足によって、全身の体温が上昇する機会が少ない生活をしていると

汗の分泌が少なくなり、心臓から離れている汗腺は休眠状態に入ってしまうそうなのです。

そうなってしまった場合、

体温を調整したいときには体温の変化が多い顔などの汗腺を用いる傾向になるので

顔にばっかり汗をかいてしまうこととなるわけです。

 

 

顔汗が気になる理由

顔にだけたっぷりと汗をかいていて首から下は全然汗をかいていない、

という人は滅多にいないと思います。

それでも顔汗が気になるのは、他人からの見た目を気にしていたり

顔から出る汗がベタベタしていて気持ち悪いということもありますよね。

このベタベタな汗は、ミネラル(塩分)が汗に混じって分泌されているためなんです。

 

このようなミネラル分混じりのベタベタ汗になる原因は、

汗かく機会が少なくなって汗腺の機能が衰えてしまうことで

汗の再吸収がうまくできなくなることで起きます。

そのため、べたついて蒸発しくい汗になってしまうのです。

 

ウォーキング

 

せめて週に一度は軽い運動を!

仕事や趣味で忙しくても、できれば週に一度くらいは

30分以上の軽い運動をすることが望ましいです。

(本当は健康のためにも毎日するのが理想なんですが・・・。)

ウォーキングでもいいですし、ジョギングでもいいです。

外に出れないなら、じんわりと汗をかくくらい長めのストレッチをするのもいいです。

 

まあ、この記事を書いてる私も毎日はできてませんけど。

でも週に一度はいい汗をかいていますよ!

顔汗に困っているあなたが運動不足の自覚があるなら、

ぜひとも運動不足解消に取り組んでみてくださいね。

きっと顔汗も自然と緩和されていくと思いますよ〜!

 

 

もしかして、病気かも?

常に顔が汗で湿ってたり、緊張したときにしたたり落ちるほどの汗をかくような場合は

顔面多汗症という病気かもしれません・・・。

あまりにもひどくて気になる、という時は病院を受診することをおすすめします。

 

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ツボを押すだけで顔汗をピタリと止める方法!

→緊張からくる顔汗を減らしたい!その対処法とは?

→夏場は汗をぶったらしながら使うダイソンの掃除機の修理代は高い! 

 

ちょこっとツボを押すだけで?顔汗をピタリと止める方法!

顔汗をピタリと止めるツボ

tomozouです。

今すぐに顔の汗を止めたい!そんな時に効果的なツボをあなたに伝授しますね。

 

女性ならではのあるあるとして、

「せっかくキレイにお化粧した顔なのに目的地へ向かう途中で汗で崩れてしまった」

そんな経験はきっと誰でもあることでしょう。

自分ではコントロールできない顔汗と思いがちですが、

ツボを押すことで簡単に汗を止めることができるのです。(一時的に、ですが)

 

 

顔汗を止めるツボ

顔にかく汗を止めるツボというと、

顔自体にそのツボがあると思われがちですが顔にはありません。

顔汗対策として効果的なツボは手に数ヶ所存在しています。

 

ひとつ目のツボは、「後谿(こけい)」

こけいの場所は手の側面にあります。

今、手を「グー」のカタチに、握ってみてください。

すると、小指の下付近に出来る感情線のシワの延長線上に飛び出ているところ

ここにあります。

反対の手の親指やボールペンなどで押してみましょう。

 

 

ふたつ目のツボは、「陰げき(いんげき)」

いんげきは、手首付近にあります。

今、手を開いて手のひらを上に向けてみてください。

いんげきは小指側の手首の付け根から、腕方向に向かって1.5センチのところにあります。

このツボも反対の親指などで押してみましょう。

 

 

痛くない程度に押す

どちらのツボも痛みを感じるほど強く押すのではなく、

あくまでツボを刺激する程度の強さで大丈夫です。

こけいもいんげきもすぐに簡単にできる場所にあるので便利ですね!

 

もし効果が感じられなかったり、

分かりにくい場合は再度強めに押すことで効果が出るでしょう。

今回の記事では、ふたつのツボしかご紹介していませんが、

まだまだあります。(手にも、胸周りにも)

きちんとした生理現象に基づいている顔汗を止めるツボなのです。

 

「今すぐになんとかしたい!」

という時は、ツボを押して顔汗をストップさせましょう。

 

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→汗が緊張から来ている場合の対処法は?

→コバラサポートは本当にコバラに効くのか?

→二の腕のブツブツに効果あると言われるニノキュアを使い切った! 

 

顔からタラリと流れるその汗!緊張からくる場合の簡単な対策とは?

汗をたっぷりかいている女の子

tomozouです。

夏は特に、顔や頭全体から出る汗は多いですよね。

何もせずボーッとしてるだけでも額から汗が流れてくる人、

通勤の時間だけでも顔汗をかいてしまう人は、「この汗、何とかしたい!」

と思っていることでしょう。

通勤の車内

しかし、暑いと感じてなくても汗をかいてしまう人もいますよね?

例えば通勤の時、冷房が効いてて暑くないのに汗がタラーりと流れてしまう。

なぜなのでしょうか?

 

 

暑さのせい?それとも緊張のせい?

基本的に汗が出る原因は、暑さの他にも緊張しているせいで汗が出ることもあります。

それほど暑くもないのに汗がタラタラ流れ出る人はもしかしたら、

緊張によって汗が出ているのかもしれません。

この緊張を解くためにはリラックスすることが必要です。

 

 

緊張をほぐすリラックス方法 その1

まずは深呼吸をすることです。

深呼吸をすることによって、自律神経を整えてリラックすることができます。

どんな時でも心を落ち着けて、目を閉じたりすれば、

ある程度のリラックス効果を感じることができるんじゃないかと思います。

 

1秒や2秒でもいいので目を閉じることで、

視界から入ってくる膨大な量の情報をシャットアウトすることができます。

すると、脳の仕事量が減ってストレスを軽減させることができるからです。

 

 

今、この場でやってみてください。

5〜10秒程度でも構わないので目を閉じて深呼吸を2、3回繰り返してみてください。

 

・・・・・・・・。

 

・・・・・。

 

・・・。

 

気分的に少し落ち着いたのではないでしょうか?

これが、簡単なリラックス方法です。

 

 

緊張をほぐすリラックス方法 その2

もう一つは、ウォーキングもしくはジョギングをすることです。

日頃から仕事ばかりで運動不足だと、汗腺が上半身に集中してしまいやすく

熱がこもって顔汗が出やすくなります。

 

汗が上半身にばかりかくのを防ぐため、

ウォーキングやジョギングによって下半身を動かして

全身にバランス良く汗をかくよう改善することができます。

同時に脳内ホルモンが活性化されるので、リラックス効果も期待できるわけです。

できれば急がずにゆっくりと長く歩く(走る)のがポイントです。

1回あたり30分以上やってみましょう。

 

もし、忙しすぎて歩いたり軽く走ったりすることも難しい場合は

その場で足踏みをするだけでも一定の効果が見込めますよ。

太ももを腰のあたりまで高く上げて足踏みすることで外での運動の代わりになります。

 

 

以上、2つのリラックス方法をご紹介してみました。

お時間があれば試してみてくださいね。

これらを試してみてもまだ顔汗がでるのなら、

制汗剤などを使う方が効果的かもしれません。

 

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→もしかしたら超コスパがいい?ニトリの珪藻土バスマット

→薬剤師に聞いた!子供が安心して飲める鼻炎薬3選

→もしかしたらあなたも?加齢による口臭加齢臭かも