将来、自分の子供や家族に遺したいと本気で思えるモノある?

大切な家族に遺したいもの

tomozouです。

あなたには大切な家族がいますか?

守りたい生活がありますか?

あなたの人生がもし今、ここで終わっても悔いはありませんか?

 

私には大切な家族がいます。

私には守りたい生活があります。

私の人生が今ここで終わってしまったら、ものすごく後悔します。

 

それはなぜか?

 

ここで少し私のことを話しますね。

心の中で泣きながら働いていた

「いつまで自分の大切な時間を搾取され続けるのか???」

これは、私が「今の私」に行き着くまでずっと考えていたことです。

私は今、夜勤の事務職をパート社員として働きながら、

ネットビジネスに取り組んでいます。

 

「アフィリエイト」です。ご存知の方もいるかと思いますが、

世間で稼げるといわれている、インターネットを利用したビジネスです。

そのアフィリエイトの一つであるグーグルアドセンスというのを使って、

毎月2万円ほどの副収入を得ています。

ここまで来るには1年半以上かかりました。

毎日眠い目をこすりながら、泣きそうになりながらも作業し続けて

累計400記事以上は書いてきました。

 

そこに至るまでも長年の辛い日々がありました。

国立の工業高専を卒業してから就職した会社に15年間勤めました。

初めの数年間は仕事が全く覚えられず、泣きながらこなす日々。

先輩にしごかれながら3年くらいかかってやっと仕事ができるように

なっていきました。

途中、昼ご飯も抜きでとにかくがむしゃらに働いていたために

胃を病んでしまい、胃カメラを泣きながら飲み込んだこともあります。

ある程度仕事ができるようになってきた頃には、

上司や先輩との意見の食い違いで全く上手くいかず、

毎日「辞めたい・・・辞めたい」と思い続けていました。

 

それでも、付き合っていた彼女と結婚して子供ができて・・・

そこからさらに責任感が増して会社を辞めることはしませんでした。

でも、いつも理不尽なことばかりで嫌気がさしていたんです。

もう本当に辞めたい・・・・。

でも転職は厳しいし・・・・。

やりたいことなんて特にないし・・・。

休日対応も頻繁にあった仕事でイライラが募る中で

自分が過ごす日々の意味を悶々と考えていました。

 

そんな日々を何年も過ごしていたある日、

「アフィリエイト」という言葉に出会ったのです。

その魅力に一瞬でとりつかれ、

「コレだ!!!!」と本気で全身で感じたのです。

そこから私のアフィリエイト生活は始まったのです。

理不尽な要求や物事ばかりで、まともじゃない!

と感じていた周囲に見切りをつけて私は15年間勤めた会社を辞めました。

 

私は

毎日のようにクレーム対応ばかりしていて心の中で泣いていたんです。

会社を辞めることで、その重荷から解放されて一気に天にも昇る気持ちでした。

 

 

そこからが地獄でもあった

アフィリエイトを知ってから、何も成果が出ていない状態で

会社を辞めた私。転勤先から地元に戻って新たな生活を家族で始めたわけです。

 

何の知識もないまま始めたアフィリエイト。

何をどうすればいいのかわからない状態だったので、いろいろと調べてみた結果、

アフィリエイトの情報商材にたどり着きました。

そこで出会ったのが、ルレアです。

王道といわれているアフィリエイト用教材で、

これまでに1万数千人が購入していて今もなお売れ続けているすごい教材なんです。

 

 

しかし・・・・

 

アフィリエイトは簡単なものではなく、

完全なビジネスです。

自分の頭と手を自分の想像以上に酷使してフル回転させていかないと、

自分が描くような未来は一生手に入れることができません。

 

当然のごとく私は挫折しました。

数ヶ月やっても全然成果が出ない・・・。

半年以上やっても数十円〜数百円しか成果が出ない・・・・。

こんなものでした。

 

私が会社を辞めたことで収入はゼロになり、

退職金も貯金もどんどん減っていくばかり。

そこで10年ほど専業主婦をしていた妻に再就職をしてもらい生活することになりました。

私は専業主夫として自宅にいながらアフィリエイトにひたすら取り組みました。

ところが、1年越えても月に数千円程度の収入。

一向に成果が上がらない状況に私もイラ立ち、妻も憤慨して

何度も喧嘩しました。何度も離婚の危機がありました。

 

それでも、私は諦めませんでした。

アフィリエイトに賭けたかったのです。

でも、月に数千円しか稼げない私は自分に嫌悪感を抱いてしまい、

新たに会社へ就職して働くことにしたのです。

 

 

諦めない心が小さく実った

ちょうどこの頃からアフィリエイトの成果は少しづつ上向いていき、

1万円を超え、1万五千円を超え、2万円を超えるようになりました。

今では私と妻のそれぞれの会社からの給与収入とアフィリエイトの副収入が

あることで安心して生活できています。毎日楽ではありませんけどね!

 

それでも、離婚の危機を何度も乗り越えてこれたわけです。

辛くて全て投げ出したくなる時ももちろんありました。

 

でも、

全ては自分のため、家族のため、理想とする未来を現実にするため。

諦めるわけにはいかないのです。

 

 

モチベーションをどう維持したのか?

維持できたわけではありません。

諦めなかっただけなんです。

 

じゃあ、どうやって1年半以上も諦めずに続けてこれたのか?

 

それはある人のおかげでもあります。

 

自分が自分で努力してきた・支えてくれた家族のおかげもあった、

ということもあります。

 

 

ですがその根底には、

ルレアの販売者であるMOTOさんのおかげと言っても過言ではないかもしれません。

彼のメルマガに登録していたおかげでたくさんの学びを得られ、

有料の学びはもちろんの事、無料の学びも膨大にあり、

私のアフィリエイトに対する希望の光をずっと照らし続けてくれた、

そう思っています。

そんなMOTOさんの公式ホームページがコレです。

 

そして、MOTOさんが今、全身全霊で取組んでいること。

それはアフィリエイトを通してネットとリアルの垣根を越えて羽ばたいていける

グローバルなマーケッターを育て上げていくということ。

これは本気のビジネスなようです。

教える側と教わる側という、これまでのような上下関係ではなく、

丸い円のような横のつながりを持った強力な仲間たちを作っていく、

というすごくワクワクする取り組みです。

それがネットビジネス最前線サミット動画 

 

この動画を繰り返し見ているだけでやる気が湧いてくる気がします。

それはきっと私だけではないはず。

 

あの時、会社を本気で辞めたい!そう思った時、

同時に考えたことは、どうやって家族を養えばいいのか?

これからの不安な世の中をどう生き抜いていけばいいのか?

もしも私が突然この世からいなくなったとしたら、

妻や子供達が幸せに生きていける方法はあるのか?

どうすれば遺された家族が自分自身の手で稼いでいけるようになるのか?

と、こんなことを考えたのです。

 

で、私が出した答えは、自分で稼ぐ力を身につけること。

これでした。

まずは私が自分で稼ぐ力を身につけ、それを妻や子供達などにも伝える。

そしてその力を引き継いでいく。

これこそ私が本当に求めていたことだと感じたのです。

 

「やりたいこと」ではなく、「やるべきこと」これが、

私にとってのアフィリエイトだったのです。

(初めの一歩にすぎませんけどね)

 

私にずっと希望の光を照らし続けてくれたMOTOさんに敬意を表しながら、

これからも私はアフィリエイトを続けていきます。

そしてリアルビジネスとの境界を超えて、

本当の意味でのグローバルマーケッターを目指していきます。

 

私と同じような境遇や思いを持っている人はきっとたくさんいるはず。

それに気付き、導いてあげたいという気持ちもあります。

簡単な道ではありませんが、険しい道のりになるかもしれませんが、

理想とする自分の未来を実際に現実のものとするために、

一度だけでも動画を見て欲しいと願っています。

→ネットビジネス最前線動画

きっとあなたの心に響くはず。

 

あなたも一緒に理想の未来を現実にできたらいいですね!

それではまた、tomozouでした。

GMAバナー600×300

 

父の日っていつだっけ?2015年は6月21日の第3日曜日を忘れないで!

 

tomozouです。

父の日は、母の日よりも割と忘れ去られやすい日かもしれません。

そう思うのも、ここ20〜30年くらいで父親の威厳というものが、

かなり薄れてきているからです。

今でも厳格に、一家の家督としての威厳を高く保っているお父さんも、もちろん

いらっしゃるとは思います。

スポンサー リンク





 

でも、大方のお父さん方は・・・

多くのお父さん方は仕事から家に変えれば、

奥さんや子供達から「クサイ!」「汚い!」「うるさい!」「うざい!」などと

ののしられて、かなり虐げられていると聞きます。

これは悲しい現実ですよね・・・。

家庭の中でこういう光景を見るのはとても心が痛むし、

想像するのも辛いものがあります。

 

長いデフレスパイラルのような状態から抜け出せない日本社会の中で、

一心不乱に働き続けるアリであり、社会の歯車のひとつでもあるお父さんの給料は

どんどん下がる一方ですからね。(管理職級だと特に)

儲かってる会社の方が少ない時代なので、家庭を守る立場のお父さんの威厳が

ますます無くなっていくのも当然の結果なのかもしれません。

 

「父の日っていつだっけ?2015年は6月21日の第3日曜日を忘れないで!」の続きを読む…

Apple Watchにできることって何だろう?どんな人が必要とするのか

Apple Watch

 

tomozouです。

Apple Watchが発売されてからまた行列ができたりもてはやされたりしていますが、

どんな人が必要なのでしょうか?

スマートウォッチがすでにたくさん出ていますがこれと比較してもどんな違いがあるのか?

実際に使うのはほんの一部の熱狂的なApple信者だけのような気がします。

スポンサー リンク





 

 

私も実はApple信者だったりして?

かくいう私はiPhone5Sを使っています。

タブレットにiPadAirを使っています。

パソコンはiMacを使っています。

妻はiPhone6を使っています。

これだけあると、完全にApple信者じゃないか!と言われそうですが、

そんなことはありません。

たまたまiPhone4S購入をきっかけにしてその使いやすさと世界観に共感しただけです。

決してApple信者だとは思っていませんよ。

他にもっと良いモノが出て来れば、すぐに乗り換えられます。

 

 

Apple WatchはiPhone使いであるという前提

単にiPhoneの機能の一部が腕時計のような手軽さで使えるというだけで、

それ以上でも以下でもない感じ。当然ながらiPhoneでないと使えない機能やアプリなどの方が

ダントツに多い状態なのは確か。

では、何のためにApple Watchが必要なのか??

「Apple Watchにできることって何だろう?どんな人が必要とするのか」の続きを読む…

人生を楽しむ!という純粋な考え方こそが?自分へ生涯最高のギフトになる

人生という希望

 

tomozouです。

自分のたった一度しかない人生を楽しめていますか?

やり直したいと思っても、やり直せませんよ!

多くの人は、働いて働いて、働きハチや働きアリのようにせっせと働いて

老いて死んでいきます。

自分が子供のころに抱いていた夢とかあったはずなのに、

いつの間にかそんなことは忘れていきます。

あんな人になりたい!ああいう大人になりたい!という大きな希望に満ちていた子供時代。

スポンサー リンク





 

 

しかし今では社畜・・・・

毎日働きづめで頑張っていても給料はさっぱり増えず先が見えない不安定な世の中。

社畜でなくても、何のために働いているのか?このままでいいのか?この先どうなるのか?

不安で不安で仕方がないという人はものすごく多いと思います。

かくいう私もそのひとりです。

 

どうすれば自分の思い通りの人生を送れるようになるのか?

たった一度のやり直しがきかない人生を思いっきり自分らしく生きれるのか?

 

 

それは自分で選択すること

私だけでなく、多くの人は誰かが敷いたレールの上を歩くことになります。

その方が歩きやすいし、先がある程度見通せるし、

他にも同じようにそのレールを歩いている人がたくさんいるから。

 

でもその歩きやすいレールの上を歩いていても、人生は楽しくなりません。

自分らしく生きることはできません。

それどころか自分を押し殺して生きなければならないんです。

みんなと同じ安全そうな道が良い。子供の頃からそう教え込まれてきた人ばかりだからです。

 

「人生を楽しむ!という純粋な考え方こそが?自分へ生涯最高のギフトになる」の続きを読む…

ホワイトデーに何らかのお返し!をする人は下心がある可能性が高い?

シャンパン

 

tomozouです。

バレンタインデーとホワイトデー。楽しみにしている人とそうでない人いますよね。

そのホワイトデーなんて日本独自に作られた文化ですが、(バレンタインデーの)

義理チョコとか義務チョコ程度のものをもらっているのにも関わらず、

ホワイトデーにお返しをするという人は、何か見返りを求めているか、

バレンタインデーにチョコとかくれたその女性に対して少なからず下心があるとしか思えません。

スポンサー リンク





 

 

男性には本命・義理・義務の区別がつかない

割と女性は気軽に、というかあまり深く考えずに義理・義務チョコなどを友人・知人・職場関係など

色んな男性に(女性にも)贈る場合が多いように思います。私の妻もそのひとりです。

渡す側としては特に見返りなど求めていないことも多いでしょうけど、受け取った男性側としては

「もしかして好意を持たれているんじゃないか?」なんて勘違いするケースが山ほどあるんです。

男性は基本的に単純でバカなのでこう思ってしまうんですよね。

 

 

ちょっとした小さなチョコやクッキー1個程度でも、なんだか特別に感じてしまうことがあります。

勝手にそう思ってしまうんですよね。「もしかして!」って。

冷静な女性から見るとただのアホですよね〜。

手作りのものだったりするとなおさらです。

 

 

全然意識してない男性からのお返しには要注意

こんな時は十分に勘違いされている可能性が高いです。

例えば職場のみんなに少しづつクッキーとかあげた場合。

たいていは、男性からのお返しなんて無いはずです。

基本的にその程度でお返しする必要なんて無いと思うのが普通だから。

 

「ホワイトデーに何らかのお返し!をする人は下心がある可能性が高い?」の続きを読む…

人はなぜ贈り物をするのか?なぜ人にあげたくなるのかを考えてみた!

贈り物の準備

 

tomozouです。

人はなぜ贈り物やプレゼントといったことをするのか、考えたことはありますか?

私はなんでだろう?と深く考えたことなどはありませんでした。

もうすでにそういうものなんだという考え方や意識が染み付いているのだと思います。

おそらく何千年前から「人に贈る」という考え方は遺伝子に刻み込まれているのでしょう。

スポンサー リンク





 

まだ言葉すら無かったような時代、

行動やアイコンタクトなど動物的感覚でヒトは生きていたはず。

言葉もないのにコミュニケーションをとるのはすごく難しいことですよね。

会話ができない分、ひとりひとりが行動で示さないと相手に何も伝わりません。

 

そこで、ヒトが生き抜く術として、捕獲した獲物を行動した全員で分けるとか

見つけた木の実などを独り占めせずにその場にいるみんなで食べるというようなことが

できるようになったのだと思います。

これが、「贈り物の原点」ではないかと私は考えています。

 

 

人はひとりでは生きていけない

肉食の獰猛な動物であっても、家族などには獲物を分け与えます。

自分だけ食べて生き残っても子孫は残せない、種の存続は無いということが

すでにインプットされているからです。人も同じで、自分ひとりだけでは生きていけません。

生まれた瞬間から、母親や保護者など誰かの助けを得なければ

生きていくことはできないのです。

だから、助け合うという精神が生まれたわけですね。

 

「人はなぜ贈り物をするのか?なぜ人にあげたくなるのかを考えてみた!」の続きを読む…

心が込もった手作りの品!というのはたいていうれしいもの?

チョコレートケーキ

 

tomozouです。

明日はバレンタインデーですね。

世の女性たちはこぞって明日への準備をしていることでしょう。

ラズベリーのケーキ

 

私なんて妻や子供達から何ももらえませんからね!

その辺に売ってるただの板チョコを買ってきてもらえたらいい方です。

スポンサー リンク





 

さみしいもんですよ。

 

特に、中学や高校などの青春時代にたくさんもらえてる人とか、

もらえた経験があるという人はすごくうらやましく思えます。

 

自分の周りでもらえたやつを見ては、

「いいなあ〜・・・」

と、指をくわえて見ている立場でしたからね。私は。

 

「心が込もった手作りの品!というのはたいていうれしいもの?」の続きを読む…

スワロフスキーなどのクリスタルって本当にクリスタルなの?

 

tomozouです。

「クリスタル」って本来は水晶(石英)のことですが、今はスワロフスキーに代表されるような

クリスタルガラスのことを「クリスタル」と呼ぶことが最近では多いですよね。

↓クリスタルロック(石英の塊)↓

クリスタルロック(石英)

簡単にいえばクリスタルではなくガラスなんです。

でも普通のガラスではなくて、高い品質を保った無色透明なガラスのことを指します。

クリスタル、クリスタルって言っても水晶のことではなくてこういう高品質ガラスを

クリスタルって呼んでるわけです。

スポンサー リンク





 

 

以下、クリスタルガラスの定義を記します。

 

社団法人    日本硝子製品工業会のホームページより引用

 

クリスタルガラスとは、酸化鉛を主要成分として含むガラス、および酸化カリウム、

酸化バリウム、酸化チタニウムなどを主要成分として含むガラスで、高い透明度を有し、

かつ屈折率nDが1.520以上で光沢のある美しい輝き、および澄んだ音色で特徴付けられる。

このうち酸化鉛を30%以上含み密度が3.00g/cm3以上のものを「フルレッドクリスタルガラス」、

酸化鉛を24%以上含み密度が2.90g/cm3以上のものを「レッドクリスタルガラス」、

酸化鉛含有量が24%未満で酸化鉛単独もしくは酸化カリウム、酸化バリウム、

酸化亜鉛と併せて10%以上含むものを「セミレッドクリスタルガラス」とそれぞれ呼び、

また酸化鉛を含まず酸化カリウム、酸化バリウム、酸化チタニウム、酸化亜鉛などを単独でまたは

共に10%以上含むものを、主要成分を基にそれぞれ「カリクリスタルガラス」、「バリウムクリスタルガラス」、

「チタンクリスタルガラス」などと呼ぶ。

なんか難しい専門用語が並んでいてよくわかりませんが、要は

・高い透明度

・屈折率が高く光沢があって美しい輝き

・澄んだ音色

以上の3点がポイントとなるようです。

これら3つの壁をクリアした製品がクリスタルガラスと

名乗ることができるということです。

  「スワロフスキーなどのクリスタルって本当にクリスタルなの?」の続きを読む…