もしかしたら超コスパが良い?ニトリの珪藻土バスマット!

ニトリの珪藻土バスマット

tomozouです。

ニトリで販売されている商品って、安くて買いやすいものが多いんですが

それなりに安く作っているから耐久性が無い・・・というイメージがあります。

(モノによりますけどね!)

 

 

ニトリでは、価格がなんと税込み1990円!

びっくりするくらい安い・・・2000円あれば買えちゃいます。

珪藻土バスマットとはいえ、ここまで安いと、これもどうなのかなー・・・と思ってたんです。

 

でも、よーく考えてみたところ

「もしかしたら超コスパが良いのかもしれない!!」

と考えるようになりました。

スポンサー リンク





 

なぜかというと、

一般的な繊維系のバスマット(マイクロファイバーとかタオル地など)は

数百円〜千円程度の激安価格で販売されています。

これらと比べてみると、珪藻土バスマットは2倍〜4倍の価格になるわけですが、

あなたもちょっとだけ考えてみてください!

 

 

「フツーの安いバスマット」は本当に『安い』と言える?

ニトリでなら、珪藻土バスマットが2000円以内で買えるんです。

野口英世さんを2枚出せば10円のお釣りがきます。

珪藻土バスマットはどこにでも売ってるわけではありません。

 

500円程度のマイクロファイバーの激安バスマットならどこにでも売っています。

これを買うのも良いとは思いますが、想像してみてくださいよ。

使った瞬間、すぐにびちょびちょになってしまうでしょう。

そして速乾性はあると想定しても、すぐには乾かない・・・・。

もしも家族みんなで同じバスマットを使うのだとしたら絶対に厳しいと思います。

 

一人目、二人目はまだマシだとしても、三人目〜四人目ともなると

ぐしょぐしょになっててもう吸水能力ゼロ状態になるはずです。

濡れてない部分に足を乗せて変な格好で体を拭くことになりますよね。

 

新しいバスマットに買い換えてもこれは変わらないのに、

快適だと言えるのでしょうか??

たかが数百円のバスマットだとしても、

私には「お金をただ捨ててるだけ」にしか思えないんです。

 

 

珪藻土バスマットを購入する前の私の悩み

2年前まで、私は風呂から上がるたびに嫌な気分になっていたんです。

上に書いたように、びちょびちょグショグショのバスマットに上がっても

水分はもう吸収されないので、床もびちょびちょに濡らしてしまうのでした。

 

いつも最後(四人目)に入っていた私は毎日こういう状態で・・・。

毎日毎日、乾いてるところが無くて気持ちが悪いバスマットを使うことに

嫌気がさしていたわけです。

スポンサー リンク





 

 

私の救世主となった!【soilの珪藻土バスマット】

それまでの私の悩みを一発で解決してくれたのが、

soilの(珪藻土)バスマットライトなんですよね。

2年前に購入してから未だに使い続けていますが性能は全然落ちていません。

今でも吸水力抜群ですよ!

 

風呂上がりの濡れた足を乗せた瞬間にグングンと水分を吸収していって

数秒程度で足元サラサラになります。

見た目はまだ濡れているような感じでも、表面はすでに乾き始めているので

もう快適そのものなんですよね。

 

この気持ち良さは、珪藻土バスマットを使ったことがない人には

絶対にわからないと思います!

(言葉では伝えられないくらいの気持ち良さなので・・・。)

 

 

真に「安い、コスパが良い」と言えるのはどっち?

ここまであなたにお伝えしてきてどうでしょうか?

 

・激安(数百円程度)マイクロファイバーバスマットのコスパ

・激安(1990円)珪藻土バスマットのコスパ

 

この二つを比較してみて、どちらがコスパ(コストパフォーマンス)が良いと言えるでしょうか?

私が購入したsoilのバスマットライトの価格は8千円ほどしましたが

ニトリのは2千円しません。(4分の1ですね!)

私が買うときは、「ちょっと高いけど、思い切って買ってみよう!」という気持ちでしたが

2千円でお釣りがくるほどまで安いのならば、悩まずに『買い!』だと思いますね。

スポンサー リンク





 

珪藻土自体の機能性は激安のものでも大きな差はないんじゃないかなーと思います。

まあ、あとはどれくらい持つのか?ということだけです。

soilのように2年以上持つのか、それともこれ以下しか持たないのか・・・。

 

 

使ってみないとわかりませんが、使ってみる価値はあるんじゃないかと思うんです。

手頃な価格なので、今まで珪藻土のバスマットを試してみたくても

高くて買えなかったという人にはオススメしたいですね!

 

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→寿命を超えても使えるのか?soilのバスマットライトレビュー

→ニトリの珪藻土バスマットは中国製!オススメできない?

→洗面所のコップがカビやすい!?そんな時はコレ!

 

 

コメントを残す