使える掃除機はどっち?ダイソンDC63とBOSCHアスリートを比較!

ダイソンDC63全体

 

tomozouです。

日本の掃除機戦国時代をリードしている英国を代表する家電メーカー、ダイソン。

世界的に超有名な電動工具と自動車部品メーカー、BOSCH(ボッシュ)。

このふたつのメーカーが送り出した掃除機のどちらが優れているのか?

気になりませんか?

私の見解を書きますね。

スポンサー リンク





 

 

ダイソンのDC63とボッシュのアスリートをあえて比較

DC63はキャニスター型のコード付きなので、コードレスと比較するのは

おかしいことかもしれません。

本来なら、コードレス掃除機同士で比較すべきだと思いますが、

あえてキャニスター型コード付きのDC63をアスリートの比較対象にします。

 

その理由は・・・・

 

ボッシュのアスリートはコードレスでありながら、

家庭で主に使われているコード付き掃除機の代わりに十分なりうる、

とても心強いコードレスクリーナーと言えるからです。

簡単な仕様については前の記事に書いてあります。

→BOSCHのコードレスクリーナー【アスリート】ってダイソンよりすごいの?

 

 

アスリートは、アスリートたる能力?

ボッシュ アスリート25.2V

出典元:Club Bs

 

アスリートはコードレスなのに、最大で2400W相当の吸引力を発揮するそうです。

(ターボモード:10分間)

ということは、弱モードでも十分に強いのではないかと思うのです。

一番弱いモード1でも、おそらく100W以上はあるだろうと思うし。

そうだとすると、DC62を超える吸引力ということになる。

 

それと毎分5000回転という強力な高速回転ブラシであらゆるゴミを掻き取る。

もはやコード付きのキャニスター型掃除機などいらないのではないか?と思うほどに

期待してしまうボッシュのアスリート。

 

スポンサー リンク





 

 

自宅で使っているDC63はやはりコードが邪魔

集塵力は申し分のないほど素晴らしいものがあるダイソンのDC63。

でもやっぱりコードが邪魔なんですよね・・・、5mほどある電源コードが。

コードを引っ張り出してコンセントに差すのも面倒だし、

掃除中もコードを踏むと足が痛いし、

本体を引っぱる時にコードが引っかかったりしてしまうし、

掃除が終わってからコードを収納する時に途中で巻き取らなくなること多いし。

 

バッテリーが無くなるたびに充電する手間を取るか?

掃除するたびに邪魔になってしまうコード付きを取るか?

ここは好き嫌いが別れるところでしょうね。

 

 

DC63を使ってる私なら・・・コードレスがいいなあ

充電する手間とバッテリーの寿命・買い替えという問題はあるけれど、

使いやすさを考えるとコードレスが圧倒的に有利。

我が家で使っているマキタのコードレスクリーナーCL100Dは吸引力弱いけど、

軽くてすごーく使いやすいんですよね。約1.1kgしかありません。

(簡単な作りで、回転ブラシもついてないので軽いんです)

makita CL100D

重さはバッテリーの性能に比例するのでバッテリーが強くなればなるほど、

重くなってしまうわけです。

 

マキタの軽さとダイソンの集塵力が合わさったコードレスクリーナーがあれば

とんでもないくらい売れるだろうに。でも、そんな都合のいいのは存在しません。

 

 

掃除中の重さ、はかなり重要なポイント

掃除機自体の重さはもちろんのこと、

『掃除中の重さ』を意識したことありますか?

 

ダイソンのDC63を購入した当日に自宅のカーペットで掃除してみた瞬間、

あまりの重さにビックリ仰天した私。

男性の私でも片手では厳しいほどに重いのです・・・・。

それはヘッドを前方向に押す時。

 

ダイソンの掃除機のヘッドは床面に吸い付くような構造になっているので

男性でも両手で動かさないとかなり厳しいくらいなのです。

フローリングなら片手でも問題はないですが、ヘッドを左右に動かす時は

片手でやってると腱鞘炎になりそう。実際に手首にかなりの負担がかかります。

このヘッドのおかげで素晴らしい集塵力が実現しているんですけどね。

 

DC63のヘッド・パイプ・ホースは合わせて2kgくらいで本体は2.5kgくらい。

本体を引きずってコードの長さを気にしながら掃除します。

 

 

対して、アスリートは全体で3.4kgあります。

ふつうに3.4kgもあるコードレスクリーナーを動かすのは結構疲れるのかと

思いきや、重心が低い位置にあるため、見た目以上に軽いらしいです。

ヘッドの吸い付きがどの程度なのか?が未知数ですが、ダイソンよりは軽く

動かせそうな印象を受けますね。

スポンサー リンク





 

 

総評、ダイソンDC63よりBOSCHアスリートが優位か?

排気のキレイさに触れていませんでした。

DC63は英国アレルギー協会の認定を受けているほど、排気がキレイ。

室内の空気よりもDC63から排出される空気の方がキレイなのだとか。

実際にはよくわかりませんけどね。

アスリートの方は、特に何も無し。どんなフィルターなのかというのも不明。

 

それでも、トータルで考えるとアスリートの方が使いやすさで

ダントツ有利だろうと思います。

掃除機は集塵力の強さと使いやすさが一番大事!

DC63とアスリートを比較したら、アスリートに軍配があがりました。

値段も同じくらいだし、丁度いいライバルなのかもしれませんね。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→BOSCHのコードレスクリーナー【アスリート】ってダイソンよりすごいの?

→ダイソンの掃除機を両親に贈ろうと?したけどDC63の教訓からやめた!

→ふとん掃除機レイコップRPを買いたくなるメリットとは?

 

コメントを残す