わずか60秒で激冷え!夏のビールにオススメのタンブラーとは?

ビール!

 

tomozouです。

これからの暑い時期は、キンキンに冷えた飲み物が欲しくなりますよね?

仕事から帰宅したら、まずは一杯のビールを乾いた喉を潤したいという方は多いでしょう。

そんな人々の欲求を満たしてくれるこんなタンブラーを発見しました。

→こんなタンブラーがあったのか!詳細はこちら

 

スポンサー リンク





 

 

なんとたったの60秒で激冷えになる

見た目は何の変哲もなさそうなステンレスタンブラーに見えますが、

実際は本体と内瓶に分かれている二重構造で真空断熱されるようになっているのです。

飲み物が入る容量は420mlで必要十分な程度。

激冷タンブラー

使い方はそのまま飲み物を注ぐのではなく、ちょっとしたセッティングが必要です。

 

 

 

激冷タンブラーの作り方

以下、ドウシシャのサイトを参考にしました。

①本体と内瓶に分ける。

(水漏れ防止用のパッキンもあります)

②本体に少量の水を注ぐ。

(本体の内側に線が引いてあるのでそのラインまで注ぐ、約80ml)

③水を注いだ本体にパッキンを取り付けて内瓶を回しながらセットする。

④タンブラーを冷凍庫に入れる。

(飲み口を下にして12時間以上凍らせる)

 

スポンサー リンク





 

少し手間がかかりますが、夜寝る前にこれをやっておけば、翌日に帰宅してすぐ!

ガツンと冷えたビールなどが飲めるというわけです。

実際に温度計で測ってみれば一目瞭然。

グングン温度が下がっていって、まさに「飲みごろ」な冷たさになりますよ。

他のタンブラーやグラスなどはどうしても徐々に温度が上がってしまい、

数分後にはだいぶ冷たさが無くなってちょっとぬるい程度になることもありますよね?

 

でもこの『飲みごろ激冷タンブラー』ならば、5分経過しても温度が上がるどころか逆に下がります。

60秒(1分)でほぼ限界まで冷えて5分経過で完全に限界まで冷えきります。

 

 

すぐにぬるくなるタンブラーやグラスとはもうサヨウナラ

あなたの疲れを癒すビール、砂漠のようにカラッカラに乾いた喉をオアシスにしてくれるビール。

ビール大好きな方は多いですよね。

そのビールが最高に冷え冷えで美味〜い状態で味わえるのがこのタンブラーです。

簡単にぬるくなってしまうようなタンブラーやグラスでは、せっかくの至福の時間が

台無しになってしまうかもしれません。逆にマズくしてしまうことも・・・。

 

もちろんビールだけではありません。ノンアルコールビールでもいいでしょう、

炭酸ジュースでも最高です。

スポンサー リンク





 

夏場の灼熱地獄から帰宅してすぐの一杯。

風呂上がりの一杯がいつも以上に格別なひとときになることでしょう。

こういった瞬間を大切にしている方にはとても良いタンブラーだと思うので、

使ってみてもいいのではないでしょうか。

 

こんな記事も見つけました。

日経トレンディの記事ですが参考までに、

→注いだとたん飲み物の温度が急降下するタンブラーが話題

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→倒れそうで倒れないグラス

→斜めのグラスはあれだけじゃなかった!

→超カワイイてんとう虫のケーキなんて見たことありますか?

 

コメントを残す