アレルギー対策で青じそを1日7枚以上食べたら鼻水の量が激減した!

青じそ(大葉)

 

tomozouです。

もうそろそろ6月になりますが、私の花粉症は収まりません。

毎日30〜40回くらいは鼻をかみます。

もうムズムズして勝手に鼻水が水のように流れ出てくるのです。

ほぼ毎日こうなので、もうあきらめて対策などしてませんでした。

なんとかなるなら薬ではなくて食べ物で対策できればいいなあーと考えていたところ、

ある日の夜にいい知らせが舞い込んできました。

スポンサー リンク





 

 

先日、テレビで青じその効果について話していた

ほんまでっかTVだったと思いますが、抗アレルギー作用のある食べ物として

青じそ(大葉)が紹介されていたようです。私は直接見ていませんが、

妻がそのテレビ番組を見ていて、

「1日10枚青じそ食べると花粉症に効果があるってよ〜!」

と教えてくれたんです。

ほんとかな〜?と疑ってはみたものの、あながち嘘でもないだろうと思い

次の日スーパーへ行って青じそ(大葉)10枚入りを3袋買ってみました。

 

スポンサー リンク





 

 

一気に10枚食べてみると直後から鼻水が激減した!

たぶん、1日にトータルで10枚食べると効果があるということだと思うんですが

分けるのは面倒だったので昼ごはん時に一気に10枚いっちゃいました。

何も考えず、びりびりにちぎった青じそ10枚分を納豆1パックに無理やり混ぜて

できあがり・・・。こんなの料理でもなんでもないですが、普通に食べられました。

青じそのさわやかな香りと適度な苦味というか渋み?が別に気にならないで

パクパクいけましたよ。

 

完食すると、その直後から効果が。

それまでの鼻のムズムズが減って、鼻水も勝手に流れ出てこなくなったのです。

完全に止まったわけではないですが、大幅に激減しましたね。

最低でも30回鼻かみしていたのに青じそ10枚食べてからは5回程度に減少!

これにはほんとビックリです。

 

その翌日も昼ごはんに10枚一気に食べてみたらやっぱり同じ効果が。

昼ごはんを食べる前までの午前中は何度も鼻かみしてたのに。

青じそ食べると途端に鼻水が減るんです。青じそすごーい!!!

 

調べてみると、ルテオリンという物質が抗アレルギー要素を持っているようで、

カロテンが体の中でビタミンAに変化して取り込まれることで粘膜などを保護。

これによりアレルギーとなる原因物質からの抵抗力が増してくるということ

らしいです。

 

 

でも効果は長くは続かず、半日程度まで

昼ごはんに食べれば、深夜まで効果が持続しますが翌日の朝には切れてて

また鼻水ダラダラ人間に戻ります。

だから効果の持続時間は半日程度が限界なのでしょうね。

(あくまで私の経験談なので誰でも同じように効くとは限りません)

 

 

まだ数日しか食べ続けてませんが、毎日10枚食べ続けるのは案外きついかも。

だんだん飽きてくると思うし、それにスーパーから買ってくるのもお金がかかります。

1ヶ月分となると、300枚必要です。

10枚1袋で100円としたら月に3000円もかかってしまいます。

青じそを自宅で栽培すれば、成長した本葉を摘み取って毎日食べれます。

そうすればある程度はお金がかからずに青じそを食べ続けられるでしょう。

栽培されている大葉

出典元:バジリスト

 

もう飽きて食べたくないという場合は意味ないですが・・・。

スポンサー リンク





 

もしかすると、アレルギー用の薬よりも効果があるかもしれません。

副作用などないだろうし、なにより私には即効性がありました。

毎日鼻水が出てくる状態を確認しつつ青じそを食べていればかなり楽になります。

毎日何十回も鼻かみをするのは苦痛だしストレスの原因になるので、

気になる方は試してみるといいと思いますよ!

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→男性の下半身の悩みである包茎を治した当時17歳の私

→これからの時期、レジャーでは蚊に悩まされる!そんな時には蚊とリックス

→スマホなどのイヤホンコードが絡まない!意外なアイテム

 

コメントを残す