あなたの心と気持ちを込めた贈り物はきっと喜ばれます

贈り物

このサイトの管理人、tomozouです。

ギフト、プレゼント、贈り物というとあなたは何を頭に浮かべますか?

商品券やギフトカード、ギフトカタログなど当たり障りのないものばかり

思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか?

 

贈る側が一生懸命に考えて贈ったモノだとしても、

受け取った側は「こんなのいらないなー」とか「なんだこれ」なんて

思うこと、意外と多いです。

相手のことを考えて選んだつもりでも、

フタを開けてみれば相手にとってはいらないものだったりします。

 

そんな贈られる側に配慮してなのか、人気があるのは商品券など

お金と同じように使えるモノが人気なようですね。

 

 

でも、それで本当にいいのでしょうか?

 

確かに、当たり障りの無いお金と同じような商品券やギフトカードで済ませれば

選ぶ手間が省けて楽だし、考える必要はそれほどないのでいいのかもしれません。

受け取る側にとっても、ほぼお金と同じような扱いなので気にせず使えます。

 

それでいい、と思うならそのままでもいいでしょう。

 

でも、もしもお金とおなじようなモノを贈ることに少しでも抵抗感があるなら

やはり自分で贈りたいモノを選ぶべきだと思います。

 

 

これを受け取ったら相手はどう思うだろうか?

 

あの人はこの贈り物で喜んでくれるだろうか?

 

 

あなたが贈り物を選ぶときには相手のことを想像して選びますよね?

何も考えずに「これでいいや」って決める人もいるでしょうけど。

 

日本人は昔から贈り物をする時に「つまらないものですが・・・」

と言う文化というか習慣がありますよね?

おそらく一部の地域だけじゃなく割と全国的にこの傾向はあるんじゃないかと

思います。

 

こういうのは良くないと私は思います。

外国人の合理的な考え方というわけではありませんが

「つまらないものですが」と言われて受け取る方はうれしいでしょうか?

実際はつまらなくない、うれしいモノだったらいいですが

ほんとにつまらないものだったら、その人から二度ともらいたくないですよね?

 

ギフト、プレゼント、贈り物 全て同じような意味ですが

贈り物というのは基本的には自分で選ぶものです。

贈ろうとしている相手からリクエストされたモノを贈る場合もあるでしょう。

でもそれは単に買ってきてあげた、というだけにすぎません。

 

本当の贈り物とはとうてい言えませんよね?

 

では、本当の贈り物とはどんなモノか?

 

 

それは、あなたが贈る相手のことをきちんと想像して受け取ったときのことを

頭に浮かべながら相手が欲しいだろうと思うモノを選ぶことです。

本当に真剣に考えたり、想像したりすればきっとその真剣さは

品定めに反映されます。

適当に考えていたら、適当なモノにしか目が行かなくなります。

そういうものです。

 

 

真剣に選ぶ時

 

仮に、あなたが「大好きな女性(男性)に贈り物をしたい!」と思った時

どんな選び方をしますか?

 

・お金と同じように使えるモノをただ渡しますか?

 

それとも、

 

よーく自分なりに考えたり相手のことをリサーチしたりしてから

・相手が好きそうなモノを選びますか?

 

私なら後者の選び方をしますね。

大好きな人に喜んでもらいたいから。

 

これです。

やっぱり贈り物ってこうでなくちゃ。

大好きな人への贈り物でなくても、

お世話になっている人

大切な人

いろんな贈りたい人がいるでしょう。

 

そんな人たちに対しても、大好きな人へ贈るのと同じように

選び、心を込めて贈ればきっと心が通じ合えます。

贈るのは人間、受け取るのも人間です。

 

贈り物をする時は大切に、慎重に選ぶことをオススメします。

 

tomozouでした。