旨味満点いちじく饅頭と上品なひとくち羽二重餅、福岡銘菓をお取寄せ!

菓匠 むら里の和菓子

 

tomozouです。

お取り寄せしないと食べれないものってそそられませんか?

お店がある場所ははるか遠くで、買いに行けない。でもほしい、食べてみたい。

そんな時は取り寄せるしかありませんよね。今はネットショッピングがものすごく浸透してるので

いつでもどこでもお取り寄せできちゃいます。贈り物にしても選び放題な感じですよね。

スポンサー リンク





 

 

九州の和菓子

ある日、私が食べてみたくなってお取り寄せしたものがあります。

それは、九州は福岡県の和菓子。

福岡県飯塚市の【菓匠 むら里】という和菓子屋さんが作っている饅頭とお餅です。
・饅頭はいちじくがたくさん入ったいちじく饅頭。

・お餅は羽二重粉を使用したつぶあんのお餅。

どちらも福岡まで足を運ばないと食べれません。

他の地域では販売していないんです。

 

でも、今はインターネット販売があります。菓匠むら里ではネット販売をしているんです。

なので、福岡まですぐに行けないようなはるか遠くに住んでいても買って食べれます。

九州には一度も行ったことがない東北人の私は九州のお菓子ってどんなのだろう?

食感とかちょっと違うのかな?興味深々でした。

ネット上でたまたま目に止まったその和菓子に惹かれてしまい、

味とか手触り感とか勝手に想像しちゃってました。

 

 

知られていなくても

全国的に認知度が低いようなお菓子はたくさんありますが、それでもとても魅力があって、

実に美味しいものばかりだと思います。

手広くやらずに地元だけで堅実に、地道に、まっすぐに、質の高いものをお客様に提供するべく

日々努力している人・会社・お店を見つけるとそこの商品を買ってみたくなってしまいます。

今回、私はむら里から2種類の和菓子を購入しました。

(この2種類しか作ってないんです!すごいこだわり)
東北地方からほとんど動いたことのない私にとって 西日本はある意味で未知の領域な感じです。

(言い過ぎですが・・・)

どんな味なのかな~?と想像しながら配達業者がくるのを心待ちにしていました。

 

スポンサー リンク





 

 

そして 届いたのが下の画像にある2つの箱。

左がお餅で「羽二重餅 両」、右がいちじく饅頭「熟おひとつ」です。

届いたむら里の和菓子

早速ふたつとも開封〜。

むら里和菓子箱開け

いちじく饅頭と羽二重餅。

菓匠 むら里の和菓子

お餅の方は予想してたよりもかなり小さかった!のがちょっと残念・・・。

でも見た目素朴な感じで美味しそう~!

すぐに食べないで、きれいに切ってみました。

羽二重餅 両 の断面

いちじく饅頭 断面

こうして切ってみると、なんだか切る前よりもさらに美味しそうに見えますね。

お餅の方の手触り感はムニムニしててしっとり感たっぷりで良いです!

 

 

早速食べてみた!

まずは羽二重餅の方から。

かなり小さいので一口でいけそうでしたが、せっかく切ってみたので半分づつ口に入れてみる。

「あれっ!思ってたよりも全然甘くない!」 

意外でした。

今まで食べたことのある同じようなお餅系とは違って、すごく控えめで上品な甘さ。

一方、粒あんを包み込む餅は柔らかいのに弾力があって美味しい!!

ただし、1個の大きさがほぼ一口サイズくらいで小さいのが悲しいところです。

まず1個では足りません。甘党でなくても2~3個くらいは簡単に食べれますよ。

スポンサー リンク





 

そして次は、いちじく饅頭の出番。

これはお餅ほど小さくはないのですが、ちょっと薄いです。

一口食べてみるとすぐに、いちじくの独特な強い香りと粒つぶのシャリシャリした食感が

口の中いっぱいに広がります。

いちじく饅頭は初めて食べましたが、饅頭なのに普通にいちじくを食べてるような

感覚になっちゃいましたよ。ほんとに。これもまた美味しかった!!

いちじくが好きな方にはとってもオススメな饅頭です。

お餅よりも饅頭の方が甘味を強く感じましたね。

 

いちじく饅頭のいちじくは福岡産の【とよみつひめ】という特に甘くておいしいいちじくを

使用しているようなのでいちじく本来の甘みを存分に感じられる饅頭に仕上げているんでしょうね!

私の母はいちじくが大好きで旬の時期になると生のいちじくを何度も買ってきて

甘~く煮てからおいしそうな顔で食べているみたいです。

そんな私の母にもこのいちじく饅頭「熟おひとつ」をあげたらすごく喜んでくれましたよ!

自分で食べても良し。誰かに贈ればなお良し。

 

いちじく饅頭は1ヵ月くらい保存ができるので、

いちじく大好きな方にプレゼントしたら必ず喜んでもらえると思いますよ!

羽二重餅の方は甘さが控えめなので、あんこの甘さが強くないとダメ!っていう方には

あまりオススメできません。上品な甘さを好む方にはぜひオススメしたい「一口」羽二重餅です。

ひとり1個だけでは絶対に足りないでしょう!

2、3個を小豆の旨味と気持ちいい弾力の餅米の食感を存分に味わいながら食べると最高です!

こちらは保存があまりきかないのですぐに食べないといけません。

 

和菓子が大好きな方には一度食べてみてもらいたいですね。

美味しかった〜。

【菓匠 むら里】の情報は→こちらです

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→赤福みたいな美味し〜いあんころ餅を食べました

→自宅で子供達とみたらし団子作り!

→リトルグリーンまんは想像以上に美味しかった!

 

コメントを残す