iPhoneとiPad用に色々試してタッチペンを買ってみたけど使いづらい!

タッチペンで描いた絵

 

tomozouです。

上の画像、すんごい下手くそですが、ぶどうの絵をiPadにタッチペンで描いてみました。

使ったタッチペンは家電店で悩みながら1500円くらいで買ったもの。

なんとなく筆っぽくてメモ書きとか絵を描いたりするのに使えるかと思って。

もちろん試してみた上で選んで買ったんですが・・・・どうも反応がイマイチなんです。

スポンサー リンク





 

 

自宅で使ってみたら・・・あれ?

(買う前にお店で試した時よりも)ペンの反応がやたらと悪い。

お店では自分のiPhoneで試してみて、

良い感じで文字とか絵をスムーズに書けてたので使えるかと思ったのに。

ただの線を書いていても、途中で途切れてしまうんです。

それか初めから反応しないとか軽く押しつけてもダメで強く押し付けないと書けないとか。

こんなに反応悪いとは・・・・とガッカリ。

iPhoneはまだ良い方なんですが、iPadはかなり反応が悪くてすごく使いづらい。

まともに書けません。

何度も何度もしつこくペン先の角度を変えたりして使ってるとなんとか書けるという感じ。

使えるかと思ったタッチペン

 

 

 

スマホ用のタッチペン

スマホ用タッチペンはニンテンドーDSなどのただ押すだけのペンではなく、

人間の手から発する弱い電気に反応するスマホ画面に使えるように作られています。

持ち手の部分からペン先まで弱い電気をそのまま伝えてスマホの画面に

反応するようになっているんです。

(ほぼ全体的に導電性の材料を使っているから)

だから普通は指でないと反応しないのに、ペン先でも反応するわけですね。

 

でも、実際に使ってみるとそれほど使い勝手は良くないということが多いです。

安いものは特に!ペン先がゴムのようなものは摩耗しやすかったり外れて無くなったり、

ボロボロになったり滑りが悪くて書きづらかったり。

買う前にお店で散々試してみた上で選んだ結果がこれなので、イマイチなのは確かかもしれません。

人によるかもしれませんけどね。

 

スポンサー リンク





 

 

タッチペンの反応が悪い原因は

おそらく、画面の保護フィルムに大きな原因があるんじゃないかと思っています。

タッチペン本体には特に問題はないという前提で考えると、

私のiPhoneとiPadの違いは貼っている保護フィルムの種類が違うだけ。

ここで大きな差が出ているので、そもそもこの保護フィルムを剥がしてしまえば、

快適にタッチペンを使えるのではないか?と、思っています。

しかし、安くはない保護フィルム、一度剥がすと空気が入って貼り直しがかなり面倒な上に

剥がれやすくなる可能性もある。なので剥がしてタッチペンの感度を試す勇気が私にはありません。

 

今後、保護フィルムを交換するタイミングができたら試してみようとは思います。

せっかく・・・・

スマホのキーボード画面は使いづらいので、何かメモするときに重宝するかと思って買ったのに。

スマホだと気軽にイラスト描いたり消したり無限にできるけど、

指でなぞるのがどうしても気に入らなかったからあえて買ったものなのに・・・。

スポンサー リンク





 

 

今はほとんど使ってない・・・

なんか無意味な道具になってしまっているのでもったいないんですが、

いずれは活用したいな〜と思っています。

保護フィルムを貼ってなくても安心して使える環境であればいいんですけどねー・・・。

 

ということで、スマホ全般に言えることだと思いますが、タッチペンを使いたいと思ってる人は

保護フィルムに十分ご注意ください。私のように買ってから

「あー、失敗した〜買わなきゃよかった」

なんて思わないように気をつけてくださいね。

 

誰かにタッチペンやスタイラスペンをプレゼントしようかと思ってる人も気をつけてください。

場合によってはほとんど使えなくてすぐに捨てられることになってしまうかもしれませんので。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→オフィスですぐにストレス発散する方法

→おやつではありません!コード巻き取りです

→音にこだわるならこのオーディオは?

 

コメントを残す