つらい花粉症に効く!市販の薬はアレグラFXかアレジオン10のどちら?

アレグラとアレジオン

 

tomozouです。

病院に行かずに市販の薬で花粉症を抑えたい!という人に、

私の経験から薬の効果をお伝えしたいと思います。

テレビCMでよく流れているアレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」と「アレジオン10」

をここしばらく使ってみてのこと。

ともに人気タレントを起用してますよね。アレグラは嵐の大野智くんなど。

アレジオンは武井咲ちゃん。

 

アレグラFXについて

アレジオン10について

いや、こんなCMはどうでもいいことですね。

スポンサー リンク





 

 

重要なのは薬の効き目!

これについて私なりの経験談を以下に書きます。

どちらも薬剤師の説明を受けられないと買えないもの。

お店によっては薬剤師が勤務している特定の時間帯でないと買えないところも多くありますね。

(特に夜や休日などは買えない・病院の処方箋も同様)

 

 

アレグラFXの効果

1日2回で効く!という医療用と同じ成分のアレグラFXです。

朝と夕方に飲めば一日中効くようです。実際に使ってみると確かに症状が抑えられます。

鼻水が自然とあふれてきて1日に数十回以上も鼻をかむような私が

1日数回程度の鼻かみ(10回以内くらい)になりました。

鼻炎薬によくある、鼻や喉がやたらと乾いてしまうということも無く、割と快適な感じです。

 

アレグラFXのメリットは服用しても眠くなりにくいということ。

風邪薬や鼻炎薬などは眠くなる成分が入ってることがほとんどなんですよね。

車の運転をすることが多い人や機械類の操作をする人にとって眠くなる成分は危険性があります。

わずかな可能性ですが、急に強い眠気を催して事故につながるケースもありえるからです。

その危険性が低いアレグラFXは、花粉症に悩まされている多くの人に

喜ばれる市販薬だと言えるでしょうね。1日に2回朝と夕に飲む必要がありますが。

 

 

アレジオン10の効果

1日1回で効く!というアレジオン10。アレグラと微妙に違う名前の医療用成分が入っています。

アレジオン10は、夜寝る前に飲めば効くようです。実際に使ってみるとアレグラFXと同様に効きます。

効き目はアレグラFXとほとんど変わらないくらいですね。ひどい鼻水がだいぶ減って鼻かみの回数が

格段に減りました。鼻や喉が乾くというのも無くて、快適さもアレグラFXと同じくらい。

 

ただし、アレジオン10は眠くなる成分が入っています。

(なので夜寝る前に飲む、と用法説明にあるんです)

ここがアレグラFXとの大きな違いです。

1日に飲む回数も違いますが、ここは大きな違いではありません。

 

スポンサー リンク





 

 

ふたつの市販薬の効果に大きな差はないが

使ってみた感じは、私にとってアレグラFXもアレジオン10も変わりません。

ではどちらも同じなのか?というと、そんなこともありません。

(私にとっては効き目が同じだったというだけで)

使っている成分とその量の違いがあるので、飲む人によって効果に差が出てくるんです。

そしてその日の花粉が飛散している量や自身の体調によっても変わります。

それは人の身体で自然に起こっている新陳代謝の度合いは人によってそれぞれ違うからです。

 

アレグラFXの成分である「フェキソフェナジン塩酸塩」自体が身体によく効く人もいれば

アレグラFXの1日2回朝夕に飲む方法が身体に効く人もいれば

アレジオン10の成分である「エピナスチン塩酸塩」自体が身体によく効く人もいれば

アレジオン10の1日1回寝る前に飲む方法が効く人もいます。

鼻をかむ女性

私の場合、その日によってはどちらの薬も全く効き目が無いことがありました。

1日に両方の薬を飲むなんてことはしていませんよ。

ちなみにアレジオン10は昨年2014年にしばらく飲んでいて、

アレグラFXは今年2015年に飲んでいます。

(実はどちらも2013年から使い始めているので何回も買ってます・・・)

その効き目がなかった日というのは花粉の飛散量が多くてアレルギー反応がMAXになっていたか、

自分の身体の新陳代謝のせいで薬の効き目を大きく減らしてしまっていたのでしょう。

 

 

病院に行かずに治したい・・・

同じ薬でも効く日と効かない日があるのはそれだけ薬の成分による効果が強くないから。

効き目が強力な薬は市販できませんし、副作用が起こることもあります。

(弱い市販薬でも副作用が起こることはありえます)

なので強めの薬というのは病院の診察を受けてからでないと買えないんですよね。

病院から処方される薬ならば、日によって効き目が変わるということもまず無いでしょう。

病院には行きたくないけど、市販薬ではほとんど効果が無い・・・という人は、

あきらめて病院へ行くべきです。

 

 

市販薬は治す薬ではなく、緩和する薬

その辺の薬局やドラッグストアなどに置いてある一般的な市販薬に

症状の完治を求めてはいけません。

市販の薬は症状を緩和する薬であって、完治させるのはあくまであなた自身の身体の中です。

症状を緩和させて体調を徐々に良くしていき、本来持っている自然治癒力を高めることで

完治にいたるのです。なので完璧に短期間で治したいと思う時は病院に行きましょう。

 

忙しいから病院に行けない、だけど症状はなんとか緩和させたい・・・という場合には、

アレグラFXやアレジオン10がある程度までは心強い味方になってくれるかもしれません。

 

でも、勘違いしちゃいけないことは

市販薬は治す薬ではなく、緩和する薬であるということです。

 

 

花粉症の人、あなたの周りにもいませんか?

今の時期、花粉症に悩まされている人は多いですよね。

室内でも屋外でもマスクを手放せないという人はたくさんいると思います。

雨が降っていても症状が収まらない、外に出ずに家の中にいても症状が収まらない。

そんな時は鼻水ダラダラで目がかゆくて頭がボーッとして何も集中できなくなりますよね。

 

でも花粉症のひどい症状は季節が変わればだいぶ収まってくるはずです。

もう少し?の辛抱なので一緒になんとか耐えましょう!

早く花粉の季節が過ぎますように!

スポンサー リンク





 

あなたの周りに花粉症で辛そうな人がいたら、

アレグラFXかアレジオン10を差し出してみたらいかがでしょう?

すごく喜んで受け取ってくれるかもしれません。

プレゼントというわけではありませんが、人に気遣ってもらえていることがわかると、

人はすごくうれしいものです。

自分だけが花粉症で苦しんでいるわけでは無く、

あなたの周りにも同じ思いをしている人はたくさんいるはずです。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→毎日朝起きられないよ〜!という人に

→ストレスをぶちまけるにはこれ?

→これはスッキリ、気持ち良い!

 

コメントを残す