様々な種類がある花粉症は治らない!だから予防するしかない?

嫌われ者

 

tomozouです。

あー・・・今日の症状はかなりひどかった・・・。

今やっと落ち着いてきたところで、メンソレータムを鼻の周辺の塗りたくっております。

 

ここに至るまでティッシュを何枚使ったことか。

昨日の夜からまた急に鼻水が止まらなくなって今日までずっと鼻をかみっぱなしですよ。

目はかゆいし頭はボーっとするしアレグラは当然のように効かないし。

(アレルギー専用鼻炎薬は症状が出てから服用しても効かないのです!)

久々に花粉症の症状が一気に出てつらい生活に逆戻りのtomozouです。

 

元々子供の頃の中耳炎から、大人になって慢性鼻炎に発展しているので

年間通して鼻かみばっかりの生活を送ってます。

スポンサー リンク





 

 

5月からはかなり収まっていたのに・・・

5月ともなれば花粉の飛散量はもうだいぶ減っているはずですよね。

最近はかなり落ち着いてきたなーと思っていた矢先、また一気に爆発した感じです。

再ブレイクってやつですよ。悪い意味で。

 

もしやスギ花粉じゃないのか?

今度はイネ花粉か?

どんな花粉でも症状が悪化することは考えられるのでガッカリ・・・。

ティッシュ箱を常に持ち歩かないと、滝のように絶え間なく流れ出てくる私の鼻水を

もはや誰にも止められないのです。

 

 

 

ティッシュ箱はいつも一緒にいる大切なお友達

1日一箱普通に使い切ってしまうんじゃないか?

というくらいのすさまじい勢いで鼻をかみまくってます。

人によっては一度に2回ティッシュを取って使う人がいますが、そういう人は

すぐ使い切ってしまうんでしょうねー。私はもったいないのでそういうことはしません。

箱ティッシュ

どちらにしろ、鼻の下はヒリヒリ・鼻の周りもヒリヒリ・唇の上の方もヒリヒリ。

ひどいことには変わりないですよね。

そんなお肌の保護にメンソレータムを塗るわけですが、

またすぐ鼻水が流れ落ちてくるためにティッシュで拭き取られてしまう

かわいそうなメンソレータム。

まあでも塗らないよりは良い!だいぶ快適になりますからね!

 

 

花粉症の特効薬は存在しない

花粉症に特効薬はありません。

一口に花粉症と言ってますがその原因は様々であり、花粉によるアレルギーでなく

ハウスダストによるアレルギー反応だとしても「花粉症」だということが多いですよね。

しかも花粉症を発症させる元になる花粉はスギやヒノキなどだけでなくイネやブタクサなど

多岐にわたります。

花粉症の元

花粉症対策の研究は日夜進められていますが、大きな効果をもたらす薬はできていません。

いくつかの代表的な対処療法や予防療法はあっても、

根本的な治療(完治)に結びつく研究成果は出ていないのが実情です。

かなり奥が深い分野といえるのでしょうね、季節性もあることですし。

 

人によっても体質に違いがあるため発症しやすい人もいれば、発症しない人もいます。

子供の頃から発症してしまうと大変ですよね。

ちなみに私は約3年くらい前に発症してしまいました。

 

スポンサー リンク





 

 

花粉症患者の仲間入りをした日

秋頃だったと思います。

ある町の、のどかな田んぼ道を車で走っていました。

運転席の窓を開けて気持ち良い風が入ってくるのを感じながら、

見渡す限りの田んぼに実ったたくさんの稲を横目にドライブ。

 

一瞬、何か細かい粒子のようなものが鼻の中に入ったような気がしたんです。

そしたら次の瞬間にはくしゃみが止まらなくなってしまったんです。

もうくしゃみがずっと連続で出て、車の運転なんか危なくてしていられないくらいに。

急遽、通りかかったセブンイレブンの駐車場に車を停めてホッと一息。

それでもくしゃみは何度も出続けました・・・。

 

この時は最悪でした。

たった数分間だったと思いますが、ものすごく体力が奪われるくらい

くしゃみが連続で出たのでもうそれだけで超グッタリ。

仕事中だったのでその後も全然集中できなくて、客先でミスってクレーム出しちゃいました。

 

ここから私の花粉症患者としての人生がスタートしたのです。

 

 

無理に予防とか緩和治療しても意味ないと思う

ヨーグルトがいいやら納豆がいいやら色々話題が出てきますが、

実際に効果が出ることはまず無いでしょう。

長期間に渡って体質改善を図っていけば花粉症に強い身体をつくることはできるかもしれない。

でも、毎年発症しなくなるということは絶対にないはず。

人の身体は常に変化するものだからです。

 

抗ヒスタミン薬を使えば、身体が慣れてしまって効果が薄れることもあるでしょう。

舌下免疫療法を行ってもすぐに良くなるわけでもないし、

誰にでも効果があるわけでもありません。

どんな方法を用いても、完治する手段は見つかっていないのです。

 

予防療法でも一定の範囲では症状が抑えられることもあるでしょう。

鼻水の出る量が半分になったとか、目のかゆみが減ったとか。

でもその程度です。かなりの重症患者ならレーザー治療という手段もあります。

でも荒療治的側面があるので副作用的に症状が悪化することもありえます。

 

ということを色々考えると、何もしないことが自然で一番いいのでは?

と思ってしまうのです。

アレグラやアレジオンなどの市販薬は予防的な効果はありますが、

発症している段階で使っても効き目はありません。

(実際に自分の身体で検証済みなので・・・)

 

 

患者になったら素直に受け入れて付き合う他ない

どうやっても逃げられない人に捕まってしまったと観念して、一生付き合うしか

方法は今の所ないんです。将来的には大幅に改善できる薬もしくは完治する方法が

見つかるかもしれません。でもそれが薬だとしたら、完治は期待できません。

生命体は常に変化しつづけるからです。

 

人の身体が新陳代謝などで変化する限り、薬に頼ってもイタチごっこと同じです。

 

そんなことがわかっているならば、もうあきらめて予防に専念するか、発症しても

悪あがきせずに薬に頼らずに自分の免疫機能を信じて、

症状が収まるまで待つしかありません。

自由な女の子

私はほとんど薬に頼らないようにしています。

たまに耐えられなくなってアレグラやアレジオンを服用してしまう時がありますが、

お金の無駄だったと後から気づくんですよね。

だからもう買わないでしょうね、きっと。

大人しく観念して、つらい花粉症と付き合っていく覚悟をするしかないんですよ。

どうあがいても無駄なものは無駄。

スポンサー リンク





 

あなたも花粉症を無理に抑えようとするのではなく、

自然に身を任せてみてはいかがでしょうか?

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→つらい花粉症に効く!市販薬は・・・

→自宅での花粉症対策に使えそうな人気の家電は・・・

→おねしょが治らない娘には・・・・

 

コメントを残す