亀十のどらやき2015年9月催事出店情報をお店に聞いてみた!

亀十のどらやき 黒あん

tomozouです。

ふわふわのパンケーキみたいで美味しい亀十のどらやき。

2015年9月の催事出店情報を直接聞いてみました。

すると、快く教えてくれましたよ。

スポンサー リンク





 

 

9月の催事情報はこちら

9月30日〜10月6日まで

高島屋   横浜店

東部百貨店 池袋店

西武百貨店 池袋店

 

とりあえずこれだけ。

もしかしたら他にもあるかもしれませんが、これだけは聞き出せました。

お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

(電話で確認しただけなので、もし間違っていたらごめんなさい。)

 

 

 

パッと見はうまそうには見えないのにねえ

亀十のどらやきは見た目と味・食感が裏腹。

食べたことも見たこともない人が見たら、

「なに?このどらやき!皮がきれいに焼けてないじゃない!」

なんて思われたり言われたりしそうな感じ。

 

でも、一度食べればそのうまさが絶対にわかるはず。

あの決してきれいとは言えない、あんこを包む『皮』が、

食べる人の予想を裏切るほどにふわっふわで、

他のどらやきの食感とは全く違うのです。

あんこも小豆の自然な甘さが生かされている感じで甘過ぎなくちょうどいい。

 

スポンサー リンク





 

でもって割と大きなどらやきですが、1個325円。

「えっ、1個300円越えるの?高いよ〜!」って思う人はいるでしょう。

でもそれだけの価値はあると私は思います。

それにいつも行列ができるのだからそれだけファンが多いということだし。

電話で予約しても3週間〜1ヶ月は待たないといけないし。

(予約しとけば並ばないで買えますが)

 

日本のどらやきの中で3本の指に入ると言われているほど、

おいしくて人気がある亀十のどらやき。

見た目は関係ないんですよ。

人と同じで大事なのは見た目じゃない!ってことですね。

 

 

初めて買った時を振り返る

先月8月に浅草に出向いて開店前の行列に並んだ私。

亀十は10時開店。

なのに開店するころには少なくとも50人以上並んでいたんじゃないかと思います。

9時半くらいに行列に並んだ私は20番目くらいでした。

人混みや行列が大嫌いな私がガマンして並ぶなんて滅多にありません。

こんなに並ぶことなんてまず無いですからね。

 

並んでる間もハゲのおっさんと赤ちゃんを抱いた若夫婦の間に挟まれながら、

無言で待ち続けました。

待っている間にも行列が長くなっていくのを見て、

「すごい人気だなー」と感心して期待はふくらむ一方。

10時ちょうどに開店し、自分の前に並んでいた人々20人くらいが買い物を終えて、

私の番がきたのはだいたい10時半ころでした。

トータルの待ち時間は1時間。

これくらいの待ち時間で買えるならわざわざ電話予約しなくてもいいかも。

スポンサー リンク





 

亀十のどらやきを買えるのは浅草のお店だけじゃありません。

大手百貨店でも一定数販売しています。

それはこちらの記事で。

→亀十のどらやきを定期的に販売してるお店教えます

食べたことない人にもぜひ一度味わってみてほしいですね〜!

 

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→亀十のどらやきが近くで買えるかも?8月の催事出店デパート公開

→亀十のどらやきを通販とかお取り寄せしたいんだけど・・・

→行列に並んで買う価値がある!亀十のどらやき 

 

コメントを残す