危険な蚊に刺される前に!蚊取りグッズを準備してみては?

ヒトスジシマカを撃退

 

tomozouです。

2015年一発目に蚊の犠牲になった私。

気づかない内に刺されてましたよ。でもすぐに見つけて速攻で撃退!

ヤツは血をたっぷり吸ったことで体が重くて鈍くなってたので簡単に抹殺できました。

ティッシュに赤い血がついてますが、その血は私のです。

撃退した蚊

こんなにも早く蚊にヤられるとは思ってもなかったです。

来月あたりから蚊が出てくるかな〜なんてのんきに考えてた私がバカでした。

もうすでにシーズン中なんですね・・・。気をつけないと。

刺された箇所は【ムヒEX】を塗って落ち着きましたが、油断大敵ですねえ。

スポンサー リンク





 

 

蚊は『ニオイ』に反応してやってくる

一般的には二酸化炭素を感じて人や動物などに近寄ってくると聞きます。

しかし、最近の研究によると、『ニオイ』に反応して近寄ってくるという

研究結果が出ているそうです。

 

この研究結果、すごく納得できるしうなずけるんですよね。

うちの家族の中で一番蚊に刺されやすいのが子供達。

汗をかきやすくて頭や足からニオイをプンプンさせるからでしょうね。

次は私。子供の頃から刺されやすさは変わってません。

やはり頭や足などからニオイがプンプン出てるからでしょう。

 

ところが、妻は滅多に刺されない。

真夏になっても、妻はまず刺されずに子供達や私ばかり刺されるんです。

妻が蚊に刺される確率は子供達の10分の1くらいでしょうね、きっと。

ずっと、なんでだろう?と疑問だったわけですよ。

血液型は子供達と同じだし・・・何が違うのか???

妻が蚊に刺されにくい原因はさっぱりわかりませんでした。

 

と、ここで『ニオイ』について考えてみると、そうか!となったんです。

妻はほとんどにおわないんです。滅多にクサくならない。

生理中とかホルモンバランスが崩れている時に少しニオイが出るくらい。

だから、クサくないから蚊も近寄ってこないんですねー。

なるほどー!って思った瞬間でした。

 

スポンサー リンク





 

 

体温が高いと刺されやすい説

汗も同様に、蚊をおびき寄せるものです。

体温が高いと熱を発散しやすくなるので汗も出るし、ニオイも出ます。

だから子供や男性は刺されやすいのでしょうね。

新陳代謝が良い人・ニオイを発しやすい女性も刺されやすいようです。

 

 

なんと!蚊にはアロマが効果的?

蚊が嫌がるニオイがあります。それはシトロネラやゼラニウムといった成分。

蚊嫌草が発するニオイでもあります。

ヒルナンデスでも紹介された蚊嫌草はほんとに効果があるのか?

 

身を以て実験をした勇気のある日経新聞の記者がいたので紹介しときます。

→日経新聞 Web版 蚊に刺されない方法は 13通りを試してみたら

 

上の記事を書いた記者、かなり勇気がいる行動です。

最近ではデング熱発生の事件があって大きく報道されました。

記事は4年前、2011年当時の内容なので影響は無かったでしょう。

でも蚊を媒介とする重大な病気はあるので、蚊にはほんとに注意が必要です。

 

常に対策を講じて、なるべく刺されないようにするべきです。

特に子供は無防備なので、要注意ですよね〜。

今からどんどん蚊が大量発生してくると思うので気をつけなければ・・・。

早速、自宅にあるアースノーマットを出してきましたよー。

スポンサー リンク





 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

 

→どこでも使える電池式蚊取り器『蚊とリックス』とは?

→電気式蚊取り器最強?のブラックホールと電池式の蚊とリックスとは

→これからの時期に絶対活躍する!完璧な衣類乾燥除湿機

→すんげー快適?なバルミューダの扇風機がコードレス化できる!と・・・

→重大な犯罪で無期懲役でも平均35年で出所できちゃう現実!?

 

コメントを残す