人生で悩んでる人はぜひ観て!Disny映画カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家

 

tomozouです。

最近、DVDで久しぶりに見たディズニー映画でまた泣きました。

その映画は「カールじいさんの空飛ぶ家」です。

空飛ぶ家のキャラ

出典元:ディズニー・ピクサー

 

2009年に公開されているのでご存知の方は多いと思います。

この映画のタイトルだけ見ると、どこで泣けるのかなんて

想像がつかないと思います。

一度見たことがある人ならわかるかもしれません。

スポンサー リンク





 

私の心に深く残っているシーンが、前半部分です。

ストーリー自体は中盤から始まるんですが、そこに至るまでの軌跡を

たどる前半部分がものすごく印象に残っています。

 

 

カールじいさんの原点。

後に奥さんとなる女性との出会い。

夫婦の生活、悲しいことも楽しいことも分かち合ってきた日々。

 

そして、別れ。

 

カールじいさんのそれまでの人生が自分の人生かのように

感じられるくらい穏やかで心が温まり、安らぐ描写。

始めの方は部分的に言葉が無かったりするんですが、

言葉が無くてもすごく素敵なんです。

しゃべらなくても見ればキャラクターの心情がわかるんです。

 

この映画はアニメだけど、製作者たちの心の豊かさを感じられる

アニメ映画だなと思って見てました。

 

 

脇役の自然探検隊員の少年ラッセルがとってもいい味出してるし

しゃべれる犬のダグもかわいいし。

 

ラッセルはなーんか憎めないんですよね。

ラッセル

出典元:ディズニー・ピクサー

 

色々やらかすけど、いいヤツだし愛嬌たっぷりだし。

カールじいさんだけではストーリーが暗くなってしまうので

ベストな盛り上げキャラですね。

 

ストーリー自体は膨大な数の風船で家を飛ばすとか無理があるので

それほど好みではないものの、カールじいさん夫婦の物語と

ラッセルのキャラクターが良くって映画の評価を引き上げてる気がします。

こう思うのは私だけかもしれませんが・・・・。

 

スポンサー リンク





 

私が一番好きなシーンはカールじいさんが若いころ、

奥さんと一緒に小さな丘で寝っころがりながら子供がたくさん欲しいね!

って会話するところです。

キレイな青空と流れる雲を見ながら話していると全部の雲が

よちよち歩きの赤ちゃんになっちゃうっていうシーン。

カールじいさん夫婦

出典元:ディズニー・ピクサー

 

結果的には子供をたくさん産んで育てるという願いが叶わなかった

カールじいさん夫婦。

それでも、夫婦の深い愛は変わることなく続く、が・・・。

という流れです。

 

これらのシーンではしゃべりませんが言葉が無くても

しっかりと伝わってくるんですよね。本人たちの心が。

製作スタッフたちはほんとにすごいなって関心しますよ。

 

もし、あなたがまだ見ていないのならば一度は見てみることを

オススメします。

 

夫婦関係で悩みがある人、子供のことなどで家庭に悩みがある人

など家庭の中で人同士の付き合いで頭を抱えることがある人には

これまでのことを振り返らせてくれる良い映画になことでしょう。

頭をすっきりとさせてきちんと気持ちの整理をさせてくれるでしょう。

 

悩んでいる人がちゃんと映画を見ていれば、こう思うはずです。

今の自分には何が足りなかったのか・・・。

何を今まで忘れていたのか・・・・。

これからどう生きればいいのか・・・。

 

映画を観終わった時にこの自分への問いに答えが出るはずです。

どうすればいいのか。

これは自分で決める事です。

 

人に左右される、決めてもらうことではありません。

自分で決めるんです。

スポンサー リンク





 

「カールじいさんの空飛ぶ家」はアニメ映画ですが

たくさんのことを考えさせてくれる素晴らしい映画だと思います。

夢を追うことの素晴らしさ。

人を想い続けることの大切さ。

生きる希望を見失わないことの大切さ。

楽しいシーンが多い映画ですが、裏には人生の重いテーマが

見え隠れしているように思います。

 

カールじいさん映画推薦文

 

 

 

上の映画推薦文を読むと、

 

スタジオジブリの宮崎駿監督と私の感じたことが似てる!

同じく前半部分に感動していたことがわかってなんかうれしいですね!

「新しい夢を描く」ということ、人生にはとっても大事なことだと思います。

それと鈴木Pの文章は面白いですねー!さすが敏腕プロデューサー!

 

カールじいさんの空飛ぶ家は

家族で見ても楽しいですし、大人がひとりで見ても楽しめます。

もし、じっくり見ても感動できないなら、

心のどこかのネジが取れてるのかもしれませんよ!

 

それでは、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→多くの外国人も感動して涙したジブリ映画 火垂るの墓を観ましょう

→今はドラえもんだけど、カッコイイ ジャン・レノが見れる映画はこれ!

→愛は時空を超えて人類を救うことができる!フィクションと思えない映画

 

コメントを残す