子育てに疲れストレス爆発寸前?怒鳴る前に6秒抑えると効果アリ!

育児の疲れ

 

tomozouです。

「子供を育てること」って体力と精神力がものすごく必要ですよね。

子育てと仕事と家庭の維持に疲れて嫌になっている大人のために、あるアイデアを。

先日テレビを見ていて、ある精神科医が言っていたことを1つ紹介しますね。

スポンサー リンク





 

 

家族の影

 

怒りやストレスを感じたら6秒こらえてみる

怒りの感情などが沸点に達するのは、だいたい5〜6秒前後らしいんです。

本当かな?って思い返してみると、私的にはなんとなくそれくらいな気がします。

人によって個人差があるでしょうけど平均的には5〜6秒くらいなわけですね。

子供に同じことを何度注意しても言うことを聞かずにグズったりして、

怒りのメーターがレッドゾーンに達する寸前になったら、

 

6秒こらえてみませんか?

 

1秒、

2秒、

3秒、

4秒、

5秒、

6秒。

準備完了!

すると、いままで怒りメーターやストレスメーターが溜まりきって、

レッドゾーンを越えようとしていたのにいつの間にかアイドリング状態に。

テレビに出演していた医者によると「約6秒経過」すると、

自然とイライラは消えていくそうなんです。

こうすれば落ち着いている普段の自分になれるので、

子供を叩いて叱りつけたり、怒鳴ったりせずに済むかもしれません。

 

参考までに。

→怒りのピークは6秒・・・時間を置いて冷静に。夕刊フジの記事

 

 

専業主夫をしている私のケース

ストレスを6秒こらえる、という以前のことについて。

2014年から専業主夫として家事のほぼ全般をしている私。

主夫の大変さは家事ではなく子育てに多くに比重がある、と日々痛感しています。

毎日こんなにもイライラするものなのか?

というほどイライライライラ・・・・。私が妻に叱られるくらい。

 

まあ、サラリーマンをしていた時もしょっちゅうイライラしながら仕事してたけどさ。

自分が思うようにいかないと、どうしてもストレスが溜まってしまう。

同僚や上司やお客様の都合で、予定や仕事の進捗など様々なことがコロコロ変わるし。

想定通り・予定通りに仕事が終わることなど滅多にない。

世の中そんなものなんでしょうけどね。

忙しい日本人

ただ、仕事中のイライラと家庭でのイライラは別モノですよね。

それがなぜか同じように感じている気がしてます。

これも多分間違いだろうと。

仕事と家庭を混ぜてはいけない。

ハッキリと分けることが幸せに生きるコツなんじゃないかと思うのです。

 

スポンサー リンク





 

 

責任を感じすぎても良くない

私は妻とふたりの娘を養う家庭の大黒柱としてサラリーマンをしていました。

家族4人が普通に幸せに暮らせる程度の給料はもらえてました。

でも給与基準が見直されることになって以来、それまで以上に将来への不安が。

職場の上司や先輩の給料が大幅に減らされている現状に、

大きな危機感を抱いていたんです。

「今のままでいいのか?でも簡単に転職もできないし。」

「このままでは・・・でも他にあてがない状態で辞めるわけにもいかないし。」

こんな風に堂々巡りの考えばかりしていました。

 

結果的には、やりたいことが見つかって今は専業主夫として家庭を守りながら、

夢に向かって励んでいるところ。

妻が正社員として働いてくれているおかげでなんとか生活ができています。

妻に感謝です!

 

親であれば誰しも、悩みながら責任感との狭間でもがいて苦しんでいるはず。

でもその悩みと責任を感じ過ぎても、感じなさ過ぎても家族は幸せにはなれない、

と私は思います。

 

 

育児放棄してしまう親になりたい?

子供の命を何とも思わなくなってしまうという、

悲惨な状況が時々ニュースで流れますよね。これはもう、最悪のケース。

そんなニュースを見るたびに心が締め付けられる思いをします。

沈み込む気持ち

 

 

もう何年も前、大阪で幼い子供ふたりが親に見放され部屋で餓死していた事件。

亡くなった子供たちの心情を察すると・・・思い出すたびに自然と涙があふれ出てきます。

自分の子供たちや周囲にいる子供たちは絶対にこうならないようにしなければ!

私はいつもこう考えています。

 

こういったことになる前に、

怒りや落胆・後悔など色んなストレスを感じたらすぐに表に出さず、

6秒ゆっくり落ち着いて待ってみればいいと思うんです。

6秒後に、思っていることを口にしたり行動を起こしたりすればいい。

すぐに表に出してしまうとその悪いマイナスの感情がさらに気分を悪くさせます。

自分の気分が悪くなると同時にあなたの子供も気分が悪くなるんです。

泣く少年

よく考えてみれば、子供も何か理由や原因があるから言うことが聞けないのです。

子供も気分がよければいうことを聞いてくれるはずなんです。

私が子供だった頃を思い出してみれば、そうでした。

あなたもそうだったのではありませんか?

ファミリー

日本は他の国に比べてなんでもあるし、なんでもできる

よほどのことで悩んで困っても、必ず助け舟がどこかにあるんです。

それがあるけど探せない、探し方がわからない。ということがほとんど。

住む地域の行政機関・NPO法人・生活相談センターなどなど。

困った時に相談できるところはたくさんある。

最悪な状況に陥っても、日本では誰でも人生をやり直すことができるんです。

それも何度でも。

 

こう考えれば、少しは気持ちが楽になりませんか?

悩んでいる人・怒っている人・困っている人・嫌になっている人。

ストレスに押し潰されそうになっている人、世の中にはたくさんいます。

それでももがきながら歯を食いしばって子供と生きようと必死になっている人は、

いくらでもいます。

スポンサー リンク





 

子育てで悩んでいる人はあなただけではありません。

助けてくれる・相談に乗ってくれるところはいっぱいあります。

6秒こらえても、こらえても、爆発しそうになったら家庭の外に相談しましょう。

それだけで解決するかもしませんよ!

すぐに解決しなくても、あなたのストレスが軽くなればそれだけでも効果ありです。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ストレスが溜まったらその場でカオマルくんを握り潰す!!

→人生を明るく照らしてくれるかも?ディズニー映画カールじいさんの空飛ぶ家

→おねしょ癖改善には子供としっかり向き合うことが一番かも!

 

コメントを残す