子育てのためにRX-8を手放し、プレマシーを買って本当に良かった?

RX−8

tomozouです。

今から9年前、私が独身時代に購入した愛車マツダRX-8を手放しました。

ガリバーに130万で売却。

それでもまだローン残高があったので残りを一気に返済。

ここまでしたのは当時、

数ヶ月前に生まれた娘のためにミニバンを買おうと決意したからです。

スポンサー リンク





 

現在はエコカーブームでスポーツカーなど干されている傾向がありますが、

新しいスポーツカーの時代を取り戻すような兆しが見えていますよね。

そんな中で家族のために自分の愛車を捨ててもいいのか?

本当にそれで良かったのか?ということを問いたいと思います。

 

 

本当は手放したくなかったRX-8

私としてはRX-8を売りたくなかったんです。(本音では)

購入してからまだ1年半くらいしか経っていなかったし・・・・。

愛車だったRX−8

 

それまで自分で買ったクルマは全部マツダ車。

NAロードスター

・ユーノスロードスター(NA8C) 中古で購入、3年間乗っていた。

・アテンザスポーツ 新車で購入、1年くらいしか乗らなかった。

・RX-8 新車で購入、1年半くらいしか乗らなかった。

(本当はRX-7の最終型が欲しかったけどあまりに高額ローンになるので断念)

結婚して初めての赤ちゃんが生まれる。

そして家族のためにミニバンのプレマシーを新車で購入。

こんな流れです。マツダプレマシー

 

出典元:カーセンサーネット

 

 

 

 

RX-8の燃費は1リッターあたり6〜8kmと良くはなかった。

でもロータリーエンジンの静かさと吹け上がりに感動し、

コックピットのような運転席の感じと意のままに操れるステアリング、

DSCのおかげで冬でもガンガン走れる楽しさ。

まさに爽快に走れるスポーツカーでした。

もっと長く乗り続けて楽しんでいたい気持ちがあったんです。

 

 

それでもRX-8を売ってプレマシーを買った理由

本当はもっと乗っていたかったはずのRX-8を売って、

運転してもつまらないミニバンをなぜ買ったのか?

それは

『家族の利便性のためにはミニバンが好都合』

『子育てにはお金がかかるからクルマの維持費を減らしたい』

という2つの理由、これだけです。

 

当時は妻がホンダのフィットに乗っていたので家族で移動するときはフィット、

私だけ出かけるときはRX-8、というふうにしても良かったんですが、

やはり2台持ちだとガソリン代・税金・車検代・整備費などなど維持費がかかる・・・。

フィットの燃費はまあまあ良いけれど、決して広くはない。

ホンダ フィット

出典元:カーセンサーネット

 

ならば2台とも手放して、少しでも広さがあるミニバンにしようという考えでした。

てなことでRX-8はガリバーに売却・フィットは妻の両親にあげました。

ミニバン1台にすれば維持費はそれほどでもないし、

新車を買えば数年間は整備費用があまりかからないだろうという想定で。

 

スポンサー リンク





 

プレマシーというミニバンの使い勝手は

プレマシーはホンダのステップワゴンほど高さも長さも無い。

けれども横幅は3ナンバーサイズなのでそれほど小さくも無い中途半端なサイズ。

一応3列シートで7人乗りだから親や友達とも一緒に出かけられる。

燃費は1リッター9km程度と許容範囲。

 

特筆すべきことは後部座席の両側スライドドア、乗り降りが楽チンなんですよね。

普通のヒンジタイプのドアは後部座席だと乗り降りしづらいことが多いんです。

特に狭い駐車場なんかだとドアを他のクルマや壁にぶつける可能性があるし。

スライドドアならばそんな心配なく乗り降りできるからグッド!

 

ダメなところはエアコンやヒーターの風は前の座席にしか無いために、

2列目と3列目まで届きにくいこと。

(前の座席が迷惑に感じるくらい風量を上げないと後ろまで風が届かない)

 

 

 

プレマシーを買って本当に良かったのか?

結果的には買って良かった!というのが家族向けの感想。

これまで9年も乗り続けたクルマなんて無かったし、

買ってから6年くらいは修理費用なんてほぼかからなかった。

中古車を買ってたら整備や修理費用がかさんでいたかもしれないことを考えると、

プレマシーを買っていて良かったなと思います。

 

しかし、私自身は・・・ずっと後悔したまま。

あの時、RX-8を手放さないでいれば・・・今も楽しいドライブができていたのに。

道端でRX-8を見かける度にこう思うんです。

スポンサー リンク





 

子育てのためにはプレマシーを買って正解だったけれど、

自分の趣味を犠牲にしなければならなかったわけです。

人を育てるということは自分を犠牲にしてでも育てる必要があるのはわかります。

でも、可能な限りは両立できる方法を模索するべきじゃないかとも思います。

自分を犠牲にすればそれだけストレスも溜まるし後悔の念も残る。

いつかはまた・・・という思いは持っていても簡単には実現できないものです。

ロードスター

だから、自分の愛車を手放す前にもっと真剣に考えてみましょう。

どうしても維持できない、無理だ!ということならすんなり諦めてもいいと思います。

もしそうではないのなら、まだ諦めるのは早いかもしれませんよ!

あなたの愛車はあなたのもの!

家族ができたら家族優先になるのは当然ですが、あなたの人生でもあります。

後悔をしないような決断をしてくださいね。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→マツダRX-7が2017年に復活するかもしれない?

→新型NDロードスター250万円という価格は安いのか高いのか?

→9年乗ってるマツダプレマシーにドアバイザーを後付けしてみた

 

1件のコメント

  • あつ

    こんばんは。初めまして。

    ものすごく共感しました。
    私も最近、結婚を機にランエボからフィットに乗り換えました。増車して2台持ちという選択肢はありませんでした。(金銭的に…)

    いまでもランエボの動画や写真、実車を見かけると、ランエボに乗ってた頃を思いだし、また乗りたくなりうずうずします。

    手放す前にこちらの記事を読んでいればよかったです…(T_T)

    共感できたのでコメントさせていただきました。

コメントを残す