子供のしつけは未来への贈り物!叩くことは果たして効果があるか?

ファミリー

 

tomozouです。

子供へのしつけでたたくことをあなたはどう考えていますか?

私は自分の親からのしつけでたたかれて育ったので、たたいて叱るしつけは必要なことだと思っています。

子供の将来をきちんと考えているまともな親なら、しつけは子供にとって親からの大切な贈り物です。

 

なんだそれ?と、思う人もいるかもしれませんが、おおげさなことでもなくおかしいことでも無いと思います。

子供の頃はまだ理解されなくてもいずれはきっとわかる日がくるものです。

私自身が親になって初めて親の気持ちを理解できるようになりましたからね。

スポンサー リンク





 

子供をもつ親なら子育てで悩みのない人なんていないはず。

みんなそれぞれにいろんな環境の中でいろんな悩みを抱えていると思います。大なり小なり。

そこでしつけにおいて子供をたたくということは子育てに効果があるのか?子供のためになるのか?

ということを私なりに考えてみました。

 

 

子供をたたく・たたかないは自分の親の影響?

私が子供の頃に親の言うことを聞かなかったり、やってはいけないことをした時にはたたかれました。

たたかれて当然だったと自分でも思います。

さすがにグーで殴られる事は無かったですが、びんた連発、げんこつなどは普通でした。

でも家庭によっては、いくら言うことを聞かなかったり悪いことをしても一切たたかれたことなど無い、

という人もいますよね。私の妻はそういう家庭で育ちました。子供に手を上げないという育て方ですね。

 

どちらの方が良いとか悪いとかそういうこと以前に、

自分たちで子供を作って初めて親となった大人のしつけというのは、その人の親から受けたしつけの方法を

自分の子供にも同じようにまた繰り返す傾向があります。

 

私はたたかれて育ったので、ふたりの娘たちをたたくことがあります。

一方、私の妻はたたかれない家庭で育ったので、娘たちをたたいたりは基本的にしません。

蛙の子は蛙という言葉がある通りに、親の悪いところも良いところも遺伝するので余計感情的になりますよね。

 

以前、テレビか何かで記憶しているんですが、親から虐待を受けたことのある人は、

自分が親になるとその子供にも同じように虐待してしまう確率が非常に高いそうです。

(自分は嫌な思いをしてきたから子供には同じ思いさせまいと思っていても、気がつくと同じ虐待をしていた・・・)

というものです。こうして悪い家庭環境のスパイラルができあがってしまうんですね。

 

親自身がどこかで断ち切らないと遺伝子によって無意識に受け継がれて永遠に続くスパイラルになってしまうのです。

度がすぎるしつけが危険なのは結果的にこういうことにつながるものなんだと思います。

 

スポンサー リンク





 

 

たたくことはしつけになるのか?

子育てに関しては様々な考え方があるので一概には言えない部分があります。

でも、私としてはしつけの範囲内でたたくことは必要だと思っています。

当然ですが親として大人として可能な限り手加減をしつつ、です。

 

子供に痛い思いをさせることはなるべく避けたい気持ちはありますが、親の本気度を示すことと、

たたくことは、たたく側の親もたたかれる側の子供もどちらも痛いし、身体だけでなく

心も痛むんだということを教えなければなりません。

 

時代の流れで子供を叱ってくれる近所の大人がいなくなっていること、学校では教師が生徒に手を上げることが

許されなくなっていること、大人が仕事や家庭で疲れ切ってしまいすさんだ心をサポートする場が無いこと。

いろいろな問題が重なって家庭にも暗い影を落としやすい傾向がある現代では、

親が子供と真正面からきちんと向き合って生きて行く必要があります。

そうしないと子供が歩むべき道を簡単に踏み外してしまい、事件や事故に巻き込まれるなどの

危険が出てくるのです。

 

親も子供も本音でぶつかりあいながら生きていれば、必ずどこかの段階で愛のムチを打つという

ことも必要になるんじゃないかと思うわけです。

なのでしつけの中でも効果的な方法のひとつには挙げられるんじゃないかと私は考えています。

 

 

たたかずに済むのなら・・・

もちろん、しつけの中でたたかずに済むならばそれに越したことはありません。

しかし、子供のころに一度もたたかれたことが無い大人とたたかれたことのある大人では

どちらが人の心と身体の痛みをわかる人間になっているでしょうか?

これも一概には言えませんが、少なくとも親にたたかれたことのある大人の方が心と身体の痛みを

理解している傾向はあると思います。

自分が痛い思いを経験しているからこそ、家族や友人、知人、自分の子供にその同じ痛みを味わってほしくない

という気持ちが出てくるのではないかと私は思うのです。

 

経験・体験していないことを人に伝えるとか気持ちを人に伝えるというのは簡単なことではありませんからね。

嫌な思いや嫌な経験をしたことがある人は心が強くなるし、人の気持ちを知ることができます。

しつけという名の下に振るうただの無機質な暴力は絶対にしてはいけないダメな行為ですが、

愛情を持って接する上での「たたいて痛みを知るしつけ」は大事なことだと思います。

 

チャップリン

子供にとって親とは

子供にとって親はなくてはならない存在です。

大人に成長するまで完全に親に依存しなければ基本的に生きていけないわけですからね。

なので子供のことを本当に思ってしつけをするならきっと子供の心にも届くと信じています。

私も娘をたたくことがあります。その後すぐに後悔しますが、きっといずれはその時の痛みを思い出して

わかってくれると思うんです。

スポンサー リンク





 

愛情があるがゆえに厳しく育てようという心の表れでもあるのかもしれません。

これを否定する考えを持っている人は大勢いるでしょうが、

それぞれの考えで子供に接していけばいいと思います。

真剣に向き合えば、子供も真剣に向き合ってくれます。

子供の未来はあなた次第で明るくもなるし暗いものにもなりえるのですから。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→子供に考える力をつけさせたい!

→子供へのしつけで悩みながらもやってしまう行動

 

コメントを残す