ネタバレ?難しくて感想に困るけど素晴らしい!映画インターステラー

インターステラー

 

tomozouです。

SF映画【インターステラー】ご覧になりましたか?

私はこの【インターステラー】を観て思ったことがあります。

 

それは、

インターステラーのストーリーはフィクションなどではなくて、

真実に近い映画なのではないか?ということです。

スポンサー リンク





 

ゲオからレンタルしてきて見終わって、真面目にこう考えてしまいました。

この現実、そう遠くない数十年後には同じことが起きているんじゃないか?

実はフィクション(架空の話)なんかじゃ無く、本当に起こりうる出来事なのでは?

真剣にこう考えてしまうほど、信ぴょう性があるストーリーでした。

 

→インターステラー予告編動画

 

 

あらすじ

近未来の地球、自然環境が悪化して異常気象により作物が育たない状況に陥っている。

食糧危機が深刻になり大国の軍隊は縮小され、人々は豊かに暮らすことが困難になっていた。

そんな中、主人公の自宅でのある出来事から、人の想像を超える事態が、

主人公やその周辺の人々・及び人類を待ち受けることになる。

 

地球にはもう住めない・・・。

政府の中枢にある学者たちはこう考え、宇宙開発などは世界的にも問題外となっていた。

すでに解体されていたはずのNASAは依然存在し、秘密裏に他の惑星への人類移住計画をスタートしていた。

 

 

パッと見はただのSF映画かな?と、思いきや

ただのSF映画ではありませんでした。

SF映画というジャンルではあるんですが、SFという枠では捉えきれないくらいに

スケールが大きい映画です。

私的にはヒューマンドラマに思えましたね。

宇宙を題材にしたSFという世界観ではあるものの、根本的には人間の本質というものを

痛いほどにまで描いているんじゃないかと思います。

 

スポンサー リンク





 

人間の愛と信念が、自分を・人類を・未来を・過去を超越して、生き抜く力を与えてくれる。

この愛と信念こそが将来(未来)を創る糧になるのだということをインターステラーは

教えてくれます。

「2001年宇宙の旅」というかなり前のSF映画を一部参考にしているようですが、比較すると

インターステラーの方が断然面白いですね。

「この後どうなっちゃうんだろう?」って先が読めないスリル感がたまらなく良かったです。

映像も音楽もどっぷり入り込める印象で近年まれに見る良い映画でした。(私的には)

 

 

えっ!?この人が出てきちゃうの?

というスター級の役者が途中から登場します。

重要な役どころで、これが人間の本当の姿なのだろう、と深く考えさせられました。

生きるとは何か?死とは何か?人間とは何なのか?

とてつもなく重いテーマが見え隠れするストーリー。

やはり人間の本質を問うような内容になっていますね。

 

 

SF映画に興味が無い人にも、ぜひ観て欲しい映画

家族で観るなら、子供(中学生くらいまで?)には難しくて理解できないと思うので、

大人だけで観ることをオススメします。

 

と・く・に!

自分のことしか考えない、自己中心的な考えを多く持つ人には必ず見て欲しいSF映画ですね。

家族が大好きで家族がいないと生きていけない!というような依存性の高い人にはちょっとだけ

つらい映画かもしれません。

 

しかし、この先の将来において人類には厳しい時代が来ることは予想できます。

インターステラーのストーリーと同じことが起こらないとも限りません。

家族を想う気持ち、自分の将来を思う気持ちがあるなら、一度は観ておくべき映画の一つだと

思います。観ればきっと生きる勇気が湧いてくるはずです。

スポンサー リンク





 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→映画実写版シンデレラは失敗作?

→人生で悩んでいる人に観て欲しいディズニー映画

→ドラえもんスタンドバイミーは泣ける!

 

コメントを残す