今やドラえもん?ジャン・レノが超カッコイイ!映画レオン忘れられない

映画レオン

 

tomozouです。

最近ではジャン・レノがトヨタのCMでドラえもんを演じていますが、なんか似合わない。

私は映画「レオン」の時のジャン・レノが大好きなんです。

ちょっと子供には見せられないシーンが割と多いので、見るときは大人だけで見て欲しいですね。

 

1994年公開のフランス・アメリカ合作の映画。

リュック・ベッソン監督の映画で一番好きなのがこれ!他はちょっとイマイチ・・・。

スポンサー リンク





 

 

冷徹な殺し屋がある少女と出会い・・・

無慈悲で冷酷なひとりの男、レオン(ジャン・レノ)。

その男は殺しの依頼を完璧にこなし、素性を隠して暮らす毎日。

そんな日々の中で、あることがきっかけで少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)に出会う。

そこから彼の生活は変わり、彼の周囲まで巻き込んでいく。

冷徹な殺し屋という顔を持つ一方で、純粋な心をもつレオンは彼女に魅了され恋人のような、

親子のような付かず離れずの不思議な関係になっていく。

 

しかし、レオンの周囲では・・・。

という感じでどどどどっとクライマックスまで一気に流れていきます。

途中、少しゆったりした瞬間があるのですが、殺し屋にそんな平凡な生活が訪れるはずもなく、

そうは問屋がおろさない、ということになります。

激しい銃撃戦があったり、観ている側も緊張する瞬間があったりととにかく飽きません。

 

スポンサー リンク





 

悪役の演技が最高!

レオンの宿敵といえるゲイリー・オールドマンがイカれたDEA(麻薬取締局)捜査官を演じています。

黒幕中の黒幕と言える彼は見てて寒気がするほどすごい演技力。マジで怖いです。

イカれてないフリをしていること自体が恐ろしいのですよ。

ゲイリー・オールドマンがいたからジャン・レノの良さが余計に引き立って見えるのかもしれません。

イカれ役が適しているのかも?なんて思ってしまいます。

 

 

マチルダもかわいくって助けたくなる

ナタリー・ポートマンも良かったですね〜。いい味出してました。

もう21年も前の映画なので私と同じくらいの年齢になってるんでしょうか。

36歳くらいかな?・・・・調べたら33歳でした。当時12歳か、演技力あるね!

 

どこかの国ではレオンのような人がきっといると思うんですよね。

暗い過去があって・・・・誰かに助けられて・・・・それで今の自分がいる。

まあ、殺し屋でなくても生まれ育った環境に恵まれなかったとか、

マチルダのように自分ではどうすることもできずになんとかここまで生き抜いてきた。

という人はきっと多いはず。

日本は恵まれた環境で育つ人が多いから、特にこういう極端な状況なんてありえないですよね。

でも、メキシコとかブラジルとか貧富の差が大きくて貧しい人が多い国では

レオンのような環境は珍しいことではないのだと思います。

 

未来のある子供たちには、誰かが助け舟を出して悪い道に行かないようにしてあげることが

一番だと私は考えます。日本でも同じことが言えますけどね。

 

 

映画「レオン」は本当の悪とは何か?を問いかけている

ただ言われるまま任務を遂行する、人を殺す職業についている人間。

人を騙し・人を駒のように使い・自分は無傷で良い気になって表社会と裏社会に君臨する人間。

果たしてどちらがまともなのか?そんな答えは出ませんよね。

どちらも社会には存在してはいけない人間。

そしてこの映画のクライマックス。

寂しいけど、最高の終わり方だと思います。

 

この映画でスティングが歌うテーマ曲、挿入歌も大好き。最高です。

スポンサー リンク





 

男としてかつて愛した一人の女性を守れなかった無念からマチルダ(今、愛する少女)を守ると

決意したレオン。私的にはカッコイイ生き様だったな〜!と感じます。

私には同じことは絶対にできませんけどね!

 

ということで、本当に面白いのでまだ観てないかたはぜひどうぞ!

それではまた、tomozouでした。

レオン完全版

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→いつも家族中心という思考の素晴らしさを見る、ライフイズビューティフル

→シンデレラの実写版って、どうなんでしょ

→観ればきっと心が軽くなるディズニー映画

 

コメントを残す