マスク着けても意味が無い?風邪も花粉もPM2.5もスルーしちゃう

マスクをする医師

tomozouです。

マスク身につけてる人、ホントに多いですよね。

どこの地域でも、ちょっとそこらを見渡せば

マスクをしている人が必ず見つかる・・・そんな感じでしょう。

あなたの周辺でもそうではありませんか?

街の風景

今日はマスク着用の意味について思ったことを書きます。

 

 

実はある面ではほとんど無意味という現実

もう昔から言われていることではあります。

今のような不織布でできた安いマスクが登場する以前から。

 

スポンサー リンク





 

あなたも普段から使っていますよね?あの白いマスク。

スーパーやドラッグストアやコンビニなど、今やどこにでも売っています。

これらのマスクをしている人が吸う空気のキレイさは、

マスクしてない状態とほとんど変わりません。

 

なぜかというと、

人間の顔の形は様々で凹凸の具合が人によって全然違います。

鼻の位置・大きさ・高さ、

頬骨の高さ、

頰の肉付き具合、

鼻の下の長さ、

顎の大きさなどなど・・・・。

これらの違いによって、どんなマスクをしても必ずと言っていいほどに

スキマができてしまうからです。

 

スキマがあれば、呼吸をするたびにスキマから空気が入り込みます。

このため、空気中の微粒子などを吸い込むのを防げる割合は

実に10〜20%程度だけ。

残りの80〜90%の微粒子(花粉やウイルスなど)は

あなたの鼻や口に直接入っているわけです。

参考にした記事→【ビジネスジャーナル】マスク着用についての記事

 

 

どんなに高性能・高機能なマスクでも無駄?

完全に無駄というわけではありません。

テレビCMでもやっていますが、5層構造のスーパーな感じがする

マスクも存在するわけで、確かに性能的にも機能的にもスゴイのは確か。

 

しかし、

いかにスゴイマスクでも身につけた人の顔にピッタリフィットして

いなければ無意味になります。

効果のあるマスクは?と言えば、医療関係者や消防関係などで使われるような

顔に密着するタイプのマスクでないとほぼ意味がないのです。

下のように顔に密着するマスクならかなり効果的と言えますが・・・。

密着しているマスク

出典元:りょうざい屋

こういうマスクって慣れてないと、かなり息苦しいものです。

 

スポンサー リンク





 

顔に密着するということは、

可能な限りスキマが無くなるので

マスクの部分を過通したわずかな空気しか吸えないわけです。

だから呼吸がしやすいマスクは、「していない」のとほぼ同じこと。

 

軍事用で使われるガスマスクを見たことがあるでしょうか?

テレビや映画などで出てきますよね?

あれって、顔にすっごく跡がついてしまうくらいに密着します。

頭部を完全に覆うタイプもありますが、

絶対に吸ってはいけない空気から身を護るためのモノなのです。

 

スキューバダイビングの後に、

きつめのゴーグルのせいで目の周りに赤く跡がついてしまうのと同じこと。

ダイビングしている女性

プールとか海で使うようなゴーグルも同じです。

ピッタリフィットしてないとすぐに水が侵入してきて焦ったりします。

これも同じことですよね。

 

 

自分のウイルスを拡散させないことには効果アリ

マスクをしていて大きな効果が期待できる状況は、

自分が風邪とかにかかっているような場合。

自分が出す「せき」や「くしゃみ」などで自分の周囲にいる人たちに

病気を感染させないようにするには

マスクをつけることが一番カンタンで効果があること。

(手洗いやうがいも当然必要ですけどね!)

 

スキマが開きまくっているようなマスクだと

さすがに意味ないかもしれませんが、

それでもマスクしないよりはウイルスの拡散を一定数防げますよね。

 

 

マナーを守ることにも一役買うマスク

よく、電車とかバスの中、お店の中などいたるところで

マナーの悪い人を見かけます。

「ちょっと具合悪いんじゃないの?」

って周りが思うほどに咳き込んでいたりくしゃみ連発している人。

 

そんな人がマスクをしていない・・・・。

 

その人を見ている周りの人がマスクをつけている・・・。

これではほとんどマスクの意味がないのです。

マスクをするべき人がマスクをつけないで、

マスクをつけなくてもいい人がつけている現実。

日本を訪れた外国人はこういった光景を奇妙に感じているようです。

 

なんとなく、マスクをつけたがるのはアジア系の民族が多いように思います。

その中でも特に群を抜いているのは日本でしょう。

それも、周りの人々に気を遣うことが習慣づいているから。

他の国ではあまり考えられないことかもしれません。

まあ、SARSとか新型インフルエンザとか、新たな脅威が出てくると

世界中でマスクをつける人が増えますけどね・・・・・。

 

スポンサー リンク





 

マスクは「人の為と想って」使いましょう

市販のマスクはいくら高性能でも、

つけた時にスキマができればつけてないのと同じこと!

自分の病気を他の人に感染させないために使うべき!

(これは最低限のマナーとして)

ということを私は伝えたいのです。

このことを知っているか知らないかでも全然違いますからね。

 

マスクも安くはないので。

自分が具合悪くもないのに頻繁に買っていればお金の無駄ですからね。

 

仮に、

自分と誰かが会話しててつばを飛ばしちゃうのが嫌だとか、

自分の口臭を気にしているからとか、

顔をちょっと隠したいからとか、

そういう理由でマスクをつける人もいると思います。

それならば、いくらでも使ってください。

その方がマスク作ってる会社は儲かりますからね!

 

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→すぐに乾く!気持ちの良いバスマットを1年間使ってみた

→メンズケシミンクリームはやはりシミに効果が無かった!

→ニトリでも珪藻土バスマット・・・みたいなのが買える!

 

コメントを残す