新型ロードスターND価格250万円は高いのか安いのか?初代NAとの比較!

NDロードスター

 

tomozouです。

新型のマツダロードスターが先日発表されましたね。

ちょっと目つきが悪い感じで、トヨタの86(スバルのBR-Z)とBMWのZ3を足して

2で割ったような感じのフロントマスク。意味わかんないかもしれませんね・・・。

ま、でもとりあえず個人的にはこう感じたんですよね。

 

リアはテールランプがなんとなくRX-8を感じさせると同時に初代NAのイメージも

あるような気がします。

と、デザインの話ではなくて、新型NDの価格は妥当なのか?ということ。

スポンサー リンク





 

 

簡単に言うと、コスパはかなり高い!と思う

性能面、全てにおいて初代NAからNB、NCに至るまで正統進化を遂げてきた

ロードスター。ユーノスロードスターという名前からマツダロードスターに変わった時の

あの衝撃は忘れられません。リトラクタブルライトが廃止されてしまったからです。

ユーノスロードスター

NBロードスター

 

それでも、常に『人馬一体』というロードスターの根底にあるひとつの信念。

これは性能や価格など関係なく受け継がれてきた普遍な考え方になってます。

 

当然、新型となるNDにもこのDNAのような熱いものが流れているわけです。

部品ひとつひとつが厳選され、不要なものは削ぎ落とす。

徹底に徹底を重ねて造り上げられたエンジン・ミッション・サスペンション・シャシー・

インテリア・エクステリアそして制御部。

緻密に計算された設計と製造技術はドイツ車に負けない素晴らしさがあります。

 

スポンサー リンク





 

細かい点を挙げればキリがない

コスパが高いという理由を挙げればきりがないのであえて出しません。

そんなのは雑誌とかディーラーの営業マンに聞けばいいでしょう。

私としてはドライバーの心に響く部分を重視したいんです。

NDロードスターが持っているすっぴんの魅力を。

 

250万円という価格はこれだけ聞けば2シーターの自動車としては

高い!と思う人がほとんどだと思います。

でもそれは一般の人の考えであって、ロードスターに魅力を感じる人の

感覚とは違うのです。

 

ただのつまらないセダンとか箱みたいでただデカイだけのミニバンに楽しさを

感じることはできませんよね?

運転する楽しさというものは、それを教えてくれるクルマでなければ

感じることはできません。

 

 

初のマイカーは初代ユーノスロードスター

自分の給料で買ったクルマは中古のNA8C型ユーノスロードスターでした。

初期の1600ccではなくて、当時ではまだ程度の良い1800ccをチョイス。

もう運転するのが楽しくて楽しくて!

 

無駄にスピード出したりして覆面パトカーに捕まったりしましたよ。

なんといっても、運転が上手くなった気がするほどに頭の中で描くイメージ通りの

きれいなドライビングができるのがロードスターの良さ。

最高でしたね。でもつらかったのはクラッチを踏む左足と、腰の左側が妙に苦しくなること。

これらをのぞけば、ずっと乗っていたいクルマでした。

「爽快な!」とか「颯爽と!」という言葉が似合う数少ないクルマだと思ってます。

 

というエモーショナルなクルマを運転したことのある人ならわかるでしょう。

 

 

NDロードスターはすっぴんだとNAに一番近い

NAロードスターの軽快さがNBで減ってしまい、NCでさらに減ってしまった。

でもエンジンの大きさとその他もろもろでカバーしていたわけです。

ところが、NDロードスターはある意味で原点回帰。

エンジンは1500ccとなり、車体重量も低いグレードなら990kg!

これだけでなく、全体的なセッティングも初代のNAに限りなく近い印象に

なっているそうです。私はまだ試乗してないのでわかりません・・・。

 

以上のことを踏まえると、心に響く爽快なドライビングができるNAと

最新技術を駆使した過去最高と思われるクルマが融合したのが

NDロードスターということです。

数値や価格では表せない素晴らしさがあり、それは初代の比較にならないのです。

 

250万円という価格は格安といっても過言ではないと私は思います。

ロードスターを知っている人間なら、おそらく同じように感じてくれるのでは

ないでしょうか?

 

 

NAやNBなどと比較するのは簡単だけど・・・

NDも『同じシリーズのクルマ』ではありますが、

NAやNBなどと『同じクルマではない』のです。それは世代が違うから。

おじいちゃん(NA)がいて、おとうさん(NB)がいて、

おにいちゃん(NC)がいて、ぼく(ND)がいる。こんな感じです。

ロードスター世代

出典元:マツダ

 

だから同じではないのです。

その世代ごとに強力なDNAは確実に受け継がれるけれど、そんなでもないDNAは

受け継がれずに個々のオリジナリティが生まれる。

人もクルマも同じなのです。

スポンサー リンク





 

その世代ごとに取り巻く環境が違うし、時代の流れもあります。

それぞれの世代を超えて好きになる人もいれば、そうでもない人もいる。

価格なんてあるようで無いようなものだし、クルマの価値は乗り倒した人にしか

わかりませんよね。だから高いのか、安いのか、ということはまず乗ってみてから

あなたが判断するのが一番いいですね!

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ユーノスロードスターとの思い出が蘇ってきたので・・・

→何かと話題のドローン、操ってみたいけどあなたのモラルが問われます

→自転車のヘルメット。後悔する前に買っておくべし!

 

コメントを残す