こんなギフト有り?はなささらのTSUMORIは花がない花束ギフト

男の子と花束

 

tomozouです。

 

母の日など、女性に向けて贈り物をする場合に

花束を選ぶ人は結構多いと思います。

きれいなバラ

でも、花って生花だと長く飾ることはできないし

かといって造花だとなんだかつまらない。

造花

よっぽど精巧に作られたものでなければ人工的な花などには

大して感動なんてできませんよね。

スポンサー リンク





 

生花でも、何度か送っているとマンネリ化しちゃうし

花ってものすごい種類あるけど品揃えが良い花屋はそう多くはないです。

選ぶときにも悩んじゃうものだし・・・。

 

そこで、

・花を送りたいけど何にすればいいのかわからない。

・商品券とかお金であげるのが一番いいのかなって思うけど金額的に困る。

・もう何を贈ってあげたら喜んでくれるのかわからない。

・なんでも持ってるから何をあげても喜んでもらえない。

・普通じゃない何か、をプレゼントしたい。

・とっても意外な形で贈り物をしたい。

・人と違う贈り物をしてみたい。

と、こんな悩みを持っている人にオススメしてみたい贈り物があります。

 

スポンサー リンク





 

それは、花のない花束

「TSUMORI」

 

名前を聞いただけで

なんとなくピンと来る人もいるでしょう。

そうです。花がない花束なので花は無いんです。

花束を「贈ったつもり」で花束の写真とメッセージをお届けするというものです。

TSUMORI

出典元:はなささらのサイトより

 

これはなかなか無いギフトです。

花を贈ったつもりで花代とメッセージの送料を送り主が支払うというもの。

花代は完全に寄付金として扱われ、取り扱う花屋である『はなささら』

一切利益を受け取らずに非営利でボランティアとしてこの「TSUMORI」を

販売?しているのです。実際、販売と言えるのかはわかりませんが。

 

わたしはこんなことしている花屋を見たことがありません。

どんな小さな企業でも大きな企業でも非営利目的で活動することは無駄です。

常に効率と利益を追求していかなければ会社は存続できなくなります。

利益がなければ従業員の給料も払えません。

だから普通はこんなこと絶対にやらないです。

 

でも、このお店、『はなささら』は、やっている。

すごいことです。ものすごい勇気がいることです。

他人が寄付する贈り物のためにタダ働きを買って出ているわけですから。

 

個人的には尊敬に価する人物が経営するお店ですね。

このお店の主宰者は東さんという女性です。私は全く存じ上げませんが

この東さんの考え方、素晴らしいと思います。

 

 

人に貢献する。社会に貢献する。これが口だけの企業は多い。

でも『はなささら』では貢献するということを行動で示している。

口では簡単に言えても実際に行動に移すのは簡単にはできませんよ。

あなたも自分のことに置き換えてみてください。

同じこと、できますか?

ちなみに私にはできません。

 

人と社会に貢献できるような人間性はまだ備えていません。

いずれは東さんのようになれたらいいなとは思ってますが。

 

人に贈るものって実際に物でなくてもいいんですよね。

贈る側の人の気持ちがこめられてるものならなんでもいいです。

花束だけど、実際には花がなくて写真とメッセージだけの贈り物でも

きっと贈られた側の人は贈ったあなたの「本当の心」というものを

受け取ってくれるはずです。

スポンサー リンク





 

人によっては

「なんだ、こんなもの送ってよこして!捨ててしまえ!」なんて

思うような強欲な人もいるでしょう。

でも、多くの人は自分の周りの人や知らない人も幸せになってほしいと

願っているはず。人間はひとりでは生きられない。

家族や友人、知り合いなど近しい人同士が助け合って生きているんです。

そして全ての人は必ず知らない誰かと繋がっている。

地球にいる全ての人は目に見えない赤い糸でちゃんと結ばれているんです。

 

孤独だと思えても、本当は孤独じゃない。

自分で孤独な状態にしているだけです。

 

話がだいぶそれてしまいましたが、人に何かを贈るということは

その人に何か感謝しているということですよね?

それは人によって大きい小さい、いろんなパターンがあるでしょう。

でもそれはあなたとその人が繋がっているから。だから感謝できる。

 

花のない花束を贈って代金は寄付したからといって誰も文句は

言いません。いや、言えませんよ。

普通の人が簡単にはできない贈り物をしたわけですから。

逆に寄付をしたことで困っているどこかの誰かを助けることを

間接的に手助けしたことになります。

そのことが実はあなたの近くでおきているかもしれません。

 

 

こんなサービスは他に誰もやらないでしょう。

一切お金にならないのですから。

でも現実にやっている花屋がある。

きっとこういう人に貢献できる人、お店っているのはめぐりめぐって

人がやってくるものだと思います。

必ずこの素晴らしいサービスに共感して、お店に利益をもたらしてくれる

お客様がやってきます。

 

人がやらないことを買ってでもやる。

そんな『はなささら』に感動しました。

余計なお世話ですが、少しでもお客様が増えれば私もうれしいですね。

これからさらなるお店の繁栄を期待しています。

 

贈り物に、いかがでしょうか?

花のない花束 「TSUMORI」

詳細は→こちらです

幸せのおすそ分けTSUMORI

 

出典元:はなささらのサイトより

 

それでは、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→母の日に最適なギフト 見たこともない青いカーネーション

→ストレスをこれで握り潰せ!カオマルくん

→人はなぜ贈り物をするのか考えてみた

 

コメントを残す