シャープのふとん掃除機コロネは中途半端な性能か?いいとこ取りか

cornet

 

tomozouです。

シャープのふとん掃除機コロネ(Cornet)が中途半端な感じがするのは私だけでしょうか?

ダイソンV6マットレスよりも、レイコップRPよりも使えるふとん掃除機なのか?

それとも両者よりも使えないふとん掃除機なのか?

 

コードレスクリーナーのFREED(EC-SX200)にしても、

ふとん掃除機のコロネ(EC-HX100)にしても、

他メーカーのタダのマネごとのようにしか思えないのは私だけでしょうか?

スポンサー リンク





 

 

コロネの吸引力はダイソンよりは非力で、レイコップと大差無い

日本の大手家電メーカーはダイソンの強力なモーターやサイクロン構造から繰り出す

脅威の集塵力には到底歯が立たないことは見てわかる現実ですよね。

ダイソンの掃除機サイクロン構造

出典元:ダイソン公式サイト

 

ダイソンに追いつけ追い越せとばかりに頑張って研究しているのでしょうけど。

 

現実的には吸引力(集塵力)でダイソンには勝てない。

だからレイコップと同レベルにしておけばいいだろう、という感じでしょうか。

強すぎず弱すぎずという、ちょうどいい強さを目指したとかいうことは、

単なる言い訳にしか聞こえません。

『ふとんなどの繊維を傷めないように配慮した絶妙な吸引力を実現』というのも、

単にそれ以上強くできないからなのでは?と思う節もありますよね。

 

 

 

でも、吸引力(集塵力)にばかりとらわれていない考え方は、

国内メーカーの良いところでもあります。どんなに素晴らしい性能を持つ製品でも、

やはり全体的なバランスが悪いと、どうしても日常的には使いづらかったりして

後から後から不満が噴出してくるものだからです。

ココはとっても良いけどココが全然ダメ!といった感じに。(ダイソンがそう)

 

 

ライバル機種の良さを取り入れるのは良いこと

ダイソンは集塵力を極限まで高めつつ、ユーザーからの多くの意見にも耳を傾けつつ、

自分たちの良さを失わないカタチで新しいモノを作り上げるという感じ。

 

レイコップは独自の視点からふとん掃除機というジャンルを確立させたパイオニアとして

新たな技術を模索し、自分たちを磨き続けている感じ。

 

そしてシャープはそれぞれに抜きん出ているライバル達の良いところを冷静に見ては

取り入れて行って、自分たちの製品に活かす方法を見出す。

これはまさに日本人が得意とする加工・改造技術のような方法ですよね。

 

スポンサー リンク





 

これが良い結果をもたらすのか?というと、非常に高いレベルまで持っていかなければ

到底良い結果を出せない可能性の方が高い気がしますが、

ライバル達の持つメリットを取り入れてそれを伸ばし、デメリットを減らす工夫を

たくさん盛り込んだ製品作りができれば、自然にヒットしていけるのででしょうね。

 

 

ふとんに対して熱を加えるという方法はレイコップに近い

レイコップRPはヒーターを使って約70度の温風をふとんに当てるというもの。

レイコップ 温風概要

出典元:レイコップ公式サイト

 

コロネはヒーターを使わずにモーターの排気熱を利用して温風をふとんに当てるというもの。

シャープ コロネ イメージ

出典元:シャープ コロネ公式サイト

 

どちらも方法は違えどやっていることは同じ。

どんな効果をもたらすのかということも、単純に表現の違いでしかないのではないか?

 

どちらの方法もダニを効果的に集塵することと、ふとんの快適性を上げることに

一定の効果があったとしても、ダイソンのような強力な集塵力を備えていなければ

あまり意味をなさないのではないか?と考えることもできますよね。

 

 

やはり中途半端感は否めない

シャープのような日本らしいものづくりはある意味ではいいとこ取りに思えます。

でも極端なほどに追求されたものづくりでもないと言えます。

『これでいいだろう』的な発想のような感じですね。

全体的なバランスをとろうとするあまり、力を入れるべきところで抜いてしまう。

そんな印象を覚えます。今の日本の家電品全体がそんな傾向があるように思いますね。

 

ある程度はバランスを欠いていても、この大事な部分が突出して優れているから

この製品は素晴らしいんです!と胸を張って言える掃除機なのか?

ということを考えるとコロネは・・・残念ながら胸を張って言えない程度でしょう。

人によっては気に入って使ってくれるかもしれませんが、他製品の良さを知ってしまうと

途端に「なんだこれ」ってなりそうな気がしますね。個人的には。

スポンサー リンク





 

日本の各メーカーがもっと本腰を入れて取り組んで、

もっと独自性を磨いたふとん掃除機を登場させてくれれば、

日本のふとん掃除事情も明るいものになるんじゃないかと思います。

 

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→ふとん掃除機レイコップRPが欲しくなるメリットはこれ!

→掃除機選びの本命は・・・・こう選ぶ

→めんどくさいな〜って思わないものこそ最高の掃除機

 

 

コメントを残す