歯並びが気になるなら子供の歯の矯正治療は小学生のうちにするべき!

長女の床矯正器具

 

tomozouです。

我が家のふたりの子供たちは歯並びがよくないので、長女は4年くらい前から

矯正治療を受けています。次女は約1年くらい前から。

スポンサー リンク





 

 

親ふたりとも歯並びが良くないから・・・

父親である私と、母親である妻も歯並びが良くないので、遺伝してしまった?

実際、遺伝なのかどうかはわかりませんが、子供たちにはきれいな歯並びで

生きていって欲しいという想いがあったために矯正治療を開始。

 

 

初めに診てもらったある歯医者からの残酷な説明

近所にある歯科クリニックに行って矯正について相談したところ、

なんとそこの医師から「永久歯を2本抜かないと無理です」と言われてしまいました。

『嘘だろ・・・』って思いましたよ。

一生使い続ける永久歯を2本も抜いてまで矯正するなんて考えられない!

歯を抜かずに矯正できる方法はあるはずだ!

 

そう考えてたどり着いた先が今通っている歯科医院。

女性医師が経営する審美歯科で診てもらっています。

割と柔軟性がある医院なので結構安心して診てもらうことができています。

→床矯正研究会

→お近くの歯科クリニックで床矯正できるところを探してみる

 

今から3年以上前、長女が矯正治療を始める前の歯並び画像↓

下の歯並び状態 矯正前

 

長女は今、小学4年生で乳歯がまだ抜けきっていない状態。

でも歯並びはもうだいぶきれいになってきています。

上の矯正治療を始める前の画像↑と比較してみるとわかる!

真ん中の前歯2本の並びがある程度修正されて徐々にまっすぐに近づいてるし、

その隣の歯もきれいに並んできてます。

2015年7月時点、長女の下の歯並び画像↓

長女の下歯並び2015年7月

 

 

正面から見るとかなりキレイに並んでるように見えますね〜。(下の画像)

上の歯はきれいですが下はまだまだ時間がかかりそう・・・。

長女の歯並び2015年7月

 

 

長女の床矯正器具。左が上の歯用で右が下の歯用。

 

長女の矯正器具

 

長女の矯正器具装着状態↓

 

長女 矯正器具装着状態

 

スポンサー リンク





 

下の画像が次女の床矯正器具↓。初めはマウスピースで訓練してました。

今は下の歯だけ矯正中。

下の歯並びが今より良くなってきて上の歯も追随するようになったら

上の歯用の器具も作ることになります。

次女の矯正器具

 

 

次女の下の歯並び↓

 

次女の下の歯並び2015年7月

 

矯正器具装着状態↓

次女 矯正装着状態

 

 

子供たちがつけている床矯正器具は1個6万円なので上下合わせると12万円なりー!

当然ですが、ひとりひとりに合わせて作るのでこれくらいの金額になるのは普通のこと。

検査でも普通に2万円かかったりするので、矯正が終わるまでにかかる費用は

子供でも30万円くらいになります。

 

大人になってから始めると時間がかかるし、金額も跳ね上がって60万とか90万とか。

場合によっては120万かかるような人もいるみたいですからね・・・。

歯並びが気になる場合は、小学生1、2年生くらいから始めると良いんでしょうね!

うちの子供達は長女が2年生から、次女は1年生から始めました。

早いうちから始める方が歯は動きやすく効果が出やすい傾向があるのでおすすめです。

(幼稚園児だとまだ早いかも・・・)

スポンサー リンク





 

歯並びが良くないと、歯磨きがきちんとできなくて虫歯が多くできたり、

歯周病や歯肉炎になったり、万病の原因にもなると言われています。

しかし、歯の矯正は高額なので、誰もが簡単にできることではありません。

一定の金銭的余裕がなければ始めることすらできないからです。

 

でも親として子供にできる限りのことをしてあげたいと思うなら、

歯の矯正も視野に入れておくと、いいかもしれません。

あなたの大切な子供のためにもなりますからね!

→床矯正研究会

→お近くの歯科クリニックで床矯正できるところを探してみる

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→忙しいあなたも作れる!子供が喜ぶお弁当画像

→管理栄養士の妻が子供たちの為に作るカワイイお弁当画像一覧

→まな板の菌の繁殖がすごく気になる!という方に知ってほしいのがコレ

 

コメントを残す