もうすぐ運動会!自分の子を素早く見つけるために目印をつけましょ?

運動会

 

tomozouです。

運動会は1年間の保育園・幼稚園・学校の行事の中でも一大イベントです。

数多くの子供達・保護者の人混みの中で遠くにいる我が子を見つけるのは大変なもの。

子供はもちろんのこと、その親も成長した子供の姿を見ようと一生懸命になります。

特に就学前〜小学生までは、デジカメやスマホなどでその勇姿を撮ったり、

ビデオでも撮影したりと父・母・祖父母も巻き込んで忙しいです。

スポンサー リンク





 

 

そんな中で肝心な我が子を見つけられない

そんな状況に陥る親は多いのではないでしょうか?

小学校だと、たいていは数百人〜多い時で千人以上のマンモス校もありますよね。

そんな大人数の中から自分の子供を見つけるのは至難の技となります。

遠くまで見渡せる視力があれば割と早く見つけられるかもしれませんが、

そんな人は滅多にいないでしょう。

 

では、どうすればいいのか?

根気よく時間をかけて我が子を見つける他ないのでしょうか?

 

 

やはり一番良いのは目印をつけること

幸運なことに、というかたまたまなんですが、うちの娘たちは転校生として

現在の小学校に来たので他の子供達とは運動着が違うんです。

しかも黄緑色の蛍光色なのですごく目立つ!なので当分の間は見つけるのに困りません。

 

スポンサー リンク





 

でも他の子供達はほとんどみんな同じ運動着なので、極端に身長が高いとか低いとか

身体的特徴がない限りは見つけにくいでしょう。

そんな場合には、やっぱりなんらかの目印を子供につけさせるのがポイントです。

 

・ソックスは目立つ色のハイソックスを履かせる。

こうすることで、他の子供達との差別化になるので見つけやすくなります。

 

・派手な目立つ色のスニーカーを履かせる

ソックスよりはちょっと見づらいですが、派手な色の靴だと案外見つけられます。

 

・目立つ色のタオルを首に巻かせる。

首にタオルを巻いても問題ないようならこの方法は使えます。

 

・女の子なら髪留めなど大きく目立つモノを身につける

帽子をかぶることがほとんどだと思うので、髪の結び方も工夫すると見つけやすいです。

 

・転校してきた場合は運動着が小さくなるまで新しく買わない。

転校すると周りは同じ運動着でないはずなので、そのままの方が目立って見つけやすいです。

 

これくらいでしょうか。

後は自分の視力を良くする、デジカメなどの望遠レンズや望遠機能を駆使して探す・・・。

これはできる人とできない人がいますけどね・・・。

 

 

親まで撮影競争しない方がいい

人によってはいい場所を早く見つけて陣取ってそこから動かないという人もいるでしょう。

競技によって場所を変えてグイグイと割り込んでいくような人もいるでしょう。

我が子を見るために・・・というその気持ちは良くわかりますが、

その気持ちがあまり過熱しないように、そっと見守るのが一番だと思います。

血眼になって探すのではなく、他の子よりも少し目立つようにしておけば

割と見つけやすくなると思います。

スポンサー リンク





 

撮影場所の競争などしなくても我が子が成長した姿を十分見れるはず。

カメラを通してだけ見るよりも、肉眼で見て記憶に焼き付ける方が

かえって良い思い出になることもあるでしょう。

 

周囲の保護者たちから嫌な目で見られたり、自分も嫌な思いをしないように

運動会を楽しく見たいものですね。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→徒競走で速く走るにはどうすればいいか?

→おねしょで困っている親はあなただけじゃない

→子育ての悩み、自分で考える力をつけさせたい

 

コメントを残す