ホワイトデーに何らかのお返し!をする人は下心がある可能性が高い?

シャンパン

 

tomozouです。

バレンタインデーとホワイトデー。楽しみにしている人とそうでない人いますよね。

そのホワイトデーなんて日本独自に作られた文化ですが、(バレンタインデーの)

義理チョコとか義務チョコ程度のものをもらっているのにも関わらず、

ホワイトデーにお返しをするという人は、何か見返りを求めているか、

バレンタインデーにチョコとかくれたその女性に対して少なからず下心があるとしか思えません。

スポンサー リンク





 

 

男性には本命・義理・義務の区別がつかない

割と女性は気軽に、というかあまり深く考えずに義理・義務チョコなどを友人・知人・職場関係など

色んな男性に(女性にも)贈る場合が多いように思います。私の妻もそのひとりです。

渡す側としては特に見返りなど求めていないことも多いでしょうけど、受け取った男性側としては

「もしかして好意を持たれているんじゃないか?」なんて勘違いするケースが山ほどあるんです。

男性は基本的に単純でバカなのでこう思ってしまうんですよね。

 

 

ちょっとした小さなチョコやクッキー1個程度でも、なんだか特別に感じてしまうことがあります。

勝手にそう思ってしまうんですよね。「もしかして!」って。

冷静な女性から見るとただのアホですよね〜。

手作りのものだったりするとなおさらです。

 

 

全然意識してない男性からのお返しには要注意

こんな時は十分に勘違いされている可能性が高いです。

例えば職場のみんなに少しづつクッキーとかあげた場合。

たいていは、男性からのお返しなんて無いはずです。

基本的にその程度でお返しする必要なんて無いと思うのが普通だから。

 

スポンサー リンク





 

ところが、そう思わない人も中にはいるんです。

勝手に、自分だけ「もしかして!」なーんて思ってしまうアホな男が。

ちょっとしたお返しが渡されるということがあった場合は、

その男性が勝手に好意を抱いてしまったか、もしくは

完全に下心を持って近づいてきていると思った方がいいです。(可能性が高い)

 

私はこういったキモい男性のタイプではありませんが、

こう思ってしまう男性の気持ちはわかります。

単純だからなんですよ、男は。

特に八方美人な女性とか愛想の良い女性だと余計に勘違いされやすいです。

なので、そんなこと微塵も意識せずにあなたがバレンタインデーに何かを配っていたとしたら、

よく考えた方がいいですよ〜。

 

 

本命の考えは・・・

女性が本命とする男性に向けては、手作りの物が一番効果的なのは間違いないですが、

これも人によります。

手作りをバカにするクソみたいな男もたまにいるので・・・・。

本命の人以外に誰にも何も渡さなければ、何も余計な問題は起きないはずなんです。

スポンサー リンク





 

まあバレンタインデーもホワイトデーも別になくてもいいのになって個人的には毎年思ってます。

女性が想いを告白するきっかけになるならそれはそれでいいんですけどね。

ホワイトデーに男性が想いを告白するなんてことはまず無いでしょうし。

そんな甘酸っぱい思い出など無い人にとっては単なる邪魔な日でしかありませんよね!

 

そういえば今日はホワイトデーだったな〜って思って男性目線で思ったことを書いてみました。

 

それではまた、tomozouでした。

 

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→2個で1万円の高級ふりかけなんて食べてみたくないですか?

→ワイン好きな女性を虜にするヴェルサーチワイン

→リトルグリーンまんを食べたことありますか?

 

コメントを残す