薬剤師に聞いた!安心して服用できる子供用オススメ鼻炎薬3選

子供用鼻炎薬3選

tomozouです。

子供が急に鼻水ダラダラになった時にすぐ使える鼻炎薬をご存知ですか?

ドラッグストアに行くと鼻炎薬はかなりの種類があるので、

子供でも服用できるのはどれなのかをいちいち調べて探すのは大変なんですよね。

で、どれを選べばいいのかを近所の信頼出来る薬剤師さんに聞いてみました!

 

スポンサー リンク





 

まず、『子供用』の分類とは?

先にまず知っておきたいことは、子供用(小児)の定義について。

小児とは、「6歳以上15歳未満」の子供をさします。

だいたい幼稚園の年長から中学生からまで、ということですね。

ちなみに6歳未満になると乳児の扱いになります。

 

6歳未満や6歳以上で使えるものもありますが、

中には子供には強すぎる薬もあるので、説明書をよく読んで

用法・用量をきちんと守って使わないといけませんね!

 

 

つらい鼻炎には【コンタック600プラス小児用】

鼻炎の症状に悩んでいるお子さんにおすすめなのが、「コンタック600プラス小児用」です。

この市販薬は商品名にきちんと“小児用”と記されているのでわかりやすいですね!

コンタックをご存知の方はおなじみのカプセルタイプなので味がほとんどなく、

飲みやすいです。

顆粒や粉薬などが苦手な子でもカプセルタイプならば問題なく飲めるでしょう。

 

鼻づまりや鼻水に特に効果があるこの鼻炎薬は、かなり効くので

鼻水ダラダラでどうしようもない時の救世主かもしれません。

効果が出るのが早いので、朝に飲めば学校の勉強にも集中できるでしょう。

他には、くしゃみ・のどの痛み・なみだ目・頭の重みなどにも効き目があります。

 

ただし、私の経験上ですが、

コンタック鼻炎薬シリーズは鼻水・鼻づまりに対する効果が強すぎて、

鼻とのどがカラカラになります・・・。

でもやはり効き目が良いので薬剤師さんとしては一番のおすすめだそうです。

 

スポンサー リンク





 

水なしで飲める!【ストナリニサット小児用】

水が無くても飲むことができる鼻炎薬はあまりないので貴重ですよね。

5歳から6歳は1錠、

7歳から10歳は2錠、

11歳から14歳は3錠

と決められています。

口の中で溶かしてもOK、噛んで飲み込んでもOKなので

飲み込むのが苦手なお子さんでも安心して服用できます!

 

ストナリニはまだ飲んだ経験がありませんが、

それのみで飲み込めるので、すごく便利に使えそうだなあという印象ですね。

子供が学校に持って行っても安心できますよね。

 

薬剤師さんも携帯用にとっても便利で使いやすいので、

自宅で飲めないことが多い場合には特におすすめだと言っていました。

溶かしたり砕いたりできるところも大きなメリットになっているそうですよ。

 

 

カプセルが小さくて飲みやすい!

【コルゲンコーワ鼻炎ソフトミニカプセル子ども用】

他の鼻炎薬に比べてカプセルが小さいので、

薬が嫌いな小学生でも飲みやすくなっています。

この点が一番の魅力でしょうね。

私の経験上は効き目はまあまあというところでしょうか。

 

コンタックよりも効き目は弱い印象があるので、

鼻やのどがカラカラになりたくない人にはぴったりかもしれません。

薬剤師さん曰く、飲みやすさは子供が飲み続けるための大きなポイントになるので

カプセルが比較的小さいこのタイプは結構人気があるんだそうです。

 

ただし注意点があって、

飲んでいいのは1日1回だけ、

7歳以上15未満のお子さんが飲むことが出来ます。

(7歳未満は服用できないので注意が必要です)

 

スポンサー リンク





 

他にも種類はたくさんありますが、

どの薬でも、子供に飲ませる時には「用法・用量」を絶対に守リましょう。

これを守らないと副作用が起きたりする可能性もあります。

完璧な薬などありませんので、保護者がきちんと見守る必要があります!

 

それではまた、tomozouでした。

お時間があればこちらの記事もどうぞ

→鼻水に効果があると言われているこのお茶の真実は?

→つらい花粉症に効く市販薬はアレジオンかアレグラどっち?

→花粉症は治らない!だから事前に予防するのが一番なのか? 

コメントを残す